来季は青木の控えか ジャイアンツがイチローに白羽の矢

公開日:  更新日:

 青木宣親(33)のジャイアンツが今オフ、マーリンズ・イチロー(41)の獲得に動くという。

 今季のジャイアンツの外野陣は開幕から故障者が続出。中堅のパガンは腰痛で開幕を故障者リスト(DL)で迎えると、右翼のペンスは6月に左手首、8月には左脇腹を痛めて離脱した。前半戦は打率3割をキープしてチームを牽引した青木も、7月に左足に死球を受けて骨折で戦列を離れた。

 ジャイアンツの外野陣はパガン、ペンスとも複数年契約を交わし、1年契約の青木にしても契約延長が確実視される。シーズン途中に獲得したバード(前レッズ)、デアザ(前レッドソックス)の2人は今季限りで契約が切れるため、今オフは控え外野手の獲得が補強ポイントのひとつになる。

 主力が故障がちのため、ジャイアンツのブライアン・セイビアンGMが探しているのはケガの少ない外野手だ。特にベテランを重宝する同GMが白羽の矢を立てているのがイチローだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る