「ボンズ超え」目前のイチロー 出来高ボーナス阻む“高い壁”

公開日:  更新日:

 マーリンズ・イチロー(41)がカウントダウンに入った。

 今季のイチローはここまで83安打を放ち、メジャー通算2927安打(8日終了時)。アスレチックス・シモンズと並ぶ歴代37位タイに名を連ねている。

 今季中のメジャー通算3000安打達成は厳しい状況とはいえ、あのメジャーを代表する長距離砲の安打数は目前。通算最多本塁打記録(762)を持つバリー・ボンズ(元ジャイアンツ)の2935安打には、あと8本と迫っている。

 今季のマーリンズは残り23試合。オールスター以降はスタメン出場の機会も増えただけに、ボンズ超えは決して不可能ではない。

 イチローにとって安打数に加え、打席数も重要だ。今年1月に結んだマーリンズとの契約には打席数に応じた出来高が設定されており、300打席到達で40万ドル(約4800万円)のボーナスが発生し、以後50打席増えるごとに40万ドルずつ加算される。600打席に達すれば、最大で280万ドル(約3億3700万円)がイチローの懐に入る。8日終了時点でイチローの打席数は373。残り27打席で400打席となり、120万ドル(約1億4400万円)のボーナスを得る計算だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  8. 8

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  9. 9

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る