日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

韓国人選手に最終日逆転される日本人選手に足りないもの

コラム【菅野徳雄「日本のゴルフを斬る」】

 日本の選手は大会3日目に首位に立っても最終日になるとスコアを伸ばせず、逆転されて負ける試合が多い。

 先週の男子大会、ツアーワールド杯は通算14アンダー首位発進の近藤共弘が最終日は1アンダー70にとどまり、4アンダー67の李京勲(韓国)に逆転されている。

 先々週の東海クラシックは3日目6位タイだった金亨成(韓国)が最終日に66のベストスコアをマークし、プレーオフで片山晋呉を下している。

 3日目に首位タイだった池田勇太は3位タイに終わった。

 女子も先週のスタンレーレディスは最終日が濃霧のため9ホールに短縮され、2位タイ発進のイ・ボミ(韓国)が4つスコアを伸ばし、若林舞衣子を逆転して勝っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事