韓国人選手に最終日逆転される日本人選手に足りないもの

公開日:  更新日:

コラム【菅野徳雄「日本のゴルフを斬る」】

 日本の選手は大会3日目に首位に立っても最終日になるとスコアを伸ばせず、逆転されて負ける試合が多い。

 先週の男子大会、ツアーワールド杯は通算14アンダー首位発進の近藤共弘が最終日は1アンダー70にとどまり、4アンダー67の李京勲(韓国)に逆転されている。

 先々週の東海クラシックは3日目6位タイだった金亨成(韓国)が最終日に66のベストスコアをマークし、プレーオフで片山晋呉を下している。

 3日目に首位タイだった池田勇太は3位タイに終わった。

 女子も先週のスタンレーレディスは最終日が濃霧のため9ホールに短縮され、2位タイ発進のイ・ボミ(韓国)が4つスコアを伸ばし、若林舞衣子を逆転して勝っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  8. 8

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  9. 9

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  10. 10

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

もっと見る