韓国人選手に最終日逆転される日本人選手に足りないもの

公開日: 更新日:

コラム【菅野徳雄「日本のゴルフを斬る」】

 日本の選手は大会3日目に首位に立っても最終日になるとスコアを伸ばせず、逆転されて負ける試合が多い。

 先週の男子大会、ツアーワールド杯は通算14アンダー首位発進の近藤共弘が最終日は1アンダー70にとどまり、4アンダー67の李京勲(韓国)に逆転されている。

 先々週の東海クラシックは3日目6位タイだった金亨成(韓国)が最終日に66のベストスコアをマークし、プレーオフで片山晋呉を下している。

 3日目に首位タイだった池田勇太は3位タイに終わった。

 女子も先週のスタンレーレディスは最終日が濃霧のため9ホールに短縮され、2位タイ発進のイ・ボミ(韓国)が4つスコアを伸ばし、若林舞衣子を逆転して勝っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  2. 2

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  3. 3

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  4. 4

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  5. 5

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  6. 6

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  7. 7

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  8. 8

    菅首相「経済再開」一本やりで“GoToツインデミック”一直線

  9. 9

    杏が歩く大女優への道 “ポスト半沢直樹”でコミットされた

  10. 10

    江戸川“叩き上げ”区長の決断力 またも独自コロナ対策発表

もっと見る