日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

LPGAも厳しい目 アマ新垣比菜の成長阻む父親のコーチング

【スタンレーレディス】

 新垣比菜(16)、勝みなみ(17)、永井花奈(18)……ツアーを盛り上げているのは、二流女子プロよりもよっぽどネームバリューのあるアマチュアたちだ。

 勝は昨年ツアー初優勝を遂げ、永井は昨年日本女子オープンの日本人最高成績だった。そして新垣は今年3試合連続トップ10入りと、プロ顔負けの活躍を見せている。

 今大会にも3人そろって出場しており、初日は新垣が1アンダー15位タイ、永井がイーブンパー32位タイ、勝は4オーバー74位タイだった。

 ところが女子プロ協会は、新垣のプレーに厳しい目を向けている。

「キャディーのお父さんが、ミスするたびに、その場で何度も素振りをさせるのです。それでプレーが遅くなっているのを問題視しているようです」(ツアー記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事