金本監督誕生のカギか 囁かれる阪神球団社長の“口説き文句”

公開日: 更新日:

 ファンをヤキモキさせながら「難産」の末に誕生した阪神の金本新監督(47)。当初は「指導経験はないし、荷が重すぎる」と言って尻込みしていた。就任のカギとなったのが、南信男球団社長(60)の退任と見る向きもある。

 阪神の監督は、04年の岡田彰布氏から真弓明信氏(09~11年)、和田前監督(12~15年)まで、いわゆる85年の日本一メンバーが引き継いできた。それは、07年に現職に就いた南球団社長の強い意向でもあったのだが、一方で南社長の独裁によりフロント機能は著しく低下した。

「星野監督時代に大きく変わったフロントは、イエスマンばかりが集まった典型的なダメ組織に戻った。05年から優勝がないのは、特にスカウト、育成部門に大きな問題があったからだ」と、OBは言う。

 南体制では、助っ人やFA補強頼みのチームはいつになっても変わらない。「だから、金本や赤星などは、これまでコーチ就任の要請を受けても固辞していた」ともっぱらだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  4. 4

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

  5. 5

    菅首相「テルテル外交」相手にされず…米豪政府は“塩対応”

  6. 6

    菅首相が仕掛ける“野党殲滅”解散…年内なら歴史的勝利か

  7. 7

    関ジャニ大倉が濃厚演技 ジャニーズ“脱アイドル化”の兆し

  8. 8

    菅一族は「地元エリート」 だった 叔父は東北電力の支店長

  9. 9

    かんぽ生命は前途多難 10.5営業再開もお詫び行脚で精一杯

  10. 10

    岸防衛相は「初心者」 ゴッドマザー案件で初入閣した経緯

もっと見る