金本氏との極秘会談も筒抜け 阪神の“脇の甘さ”は相変わらず

公開日:  更新日:

「ファンの皆さまの温かいご声援、叱咤激励に応えられず、非常に申し訳なく、残念で悔しい気持ちでいっぱい。勝負どころでの失速、同じことを繰り返してしまった」

 優勝のチャンスがありながら3位に終わり退任する阪神の和田監督が13日、阪神電鉄本社で記者会見し、指揮をとった4年間を振り返った。

 球団は先月30日に早々と監督の退任を発表。CSで巨人、ヤクルトに勝って日本一の可能性も残された中での発表に疑問の声もあった。日本一になった監督をクビにする事態にならず、球団は胸をなで下ろしたに違いない。

 疑問といえば、新監督選びもそうだ。南球団社長は同日、次期監督については「今日の時点では、まだ申し上げられない」「チームのムードを変える必要がある。雰囲気を一新、一からつくっていく」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

もっと見る