金本氏との極秘会談も筒抜け 阪神の“脇の甘さ”は相変わらず

公開日:  更新日:

「ファンの皆さまの温かいご声援、叱咤激励に応えられず、非常に申し訳なく、残念で悔しい気持ちでいっぱい。勝負どころでの失速、同じことを繰り返してしまった」

 優勝のチャンスがありながら3位に終わり退任する阪神の和田監督が13日、阪神電鉄本社で記者会見し、指揮をとった4年間を振り返った。

 球団は先月30日に早々と監督の退任を発表。CSで巨人、ヤクルトに勝って日本一の可能性も残された中での発表に疑問の声もあった。日本一になった監督をクビにする事態にならず、球団は胸をなで下ろしたに違いない。

 疑問といえば、新監督選びもそうだ。南球団社長は同日、次期監督については「今日の時点では、まだ申し上げられない」「チームのムードを変える必要がある。雰囲気を一新、一からつくっていく」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

もっと見る