• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

金本氏との極秘会談も筒抜け 阪神の“脇の甘さ”は相変わらず

「ファンの皆さまの温かいご声援、叱咤激励に応えられず、非常に申し訳なく、残念で悔しい気持ちでいっぱい。勝負どころでの失速、同じことを繰り返してしまった」

 優勝のチャンスがありながら3位に終わり退任する阪神の和田監督が13日、阪神電鉄本社で記者会見し、指揮をとった4年間を振り返った。

 球団は先月30日に早々と監督の退任を発表。CSで巨人、ヤクルトに勝って日本一の可能性も残された中での発表に疑問の声もあった。日本一になった監督をクビにする事態にならず、球団は胸をなで下ろしたに違いない。

 疑問といえば、新監督選びもそうだ。南球団社長は同日、次期監督については「今日の時点では、まだ申し上げられない」「チームのムードを変える必要がある。雰囲気を一新、一からつくっていく」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  3. 3

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  9. 9

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  10. 10

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

もっと見る