“足かせ”は2つ…金本氏「阪神監督受諾」へ尻込みの真相

公開日:  更新日:

「やる気はある。でも今は……というのが本音ではないか」

 阪神から次期監督の就任要請を受けている金本知憲氏(47)の胸中を代弁するのは、ある関係者だ。

 金本氏は12日夜、都内で阪神と3度目の交渉を行った。その際も返事は保留したものの、来季のコーチ人事などにも影響するため、近日中にも決断するとみられている。

 金本氏は、和田監督の退任を発表した翌日の10月1日、球団幹部と初交渉を行った。それから2週間がたった今も、煮え切らない態度を続けている。冒頭の関係者が言う。

「監督になる気がないならさっさと断ればいいのに、今のところ金本は『監督はやりません』とは一言も言っていない。実は本人が悩んでいるのはチーム状況なんです。今の阪神は、メッセンジャーとマートン、ゴメスが中心のチーム。鳥谷、福留、西岡もピークを過ぎた。マートンや抑えの呉昇桓は退団濃厚とみられており、二軍を見ても彼らの穴を埋めることができそうな生え抜きは育っていない。バリバリ働けるのは藤浪ぐらいなもんでしょ。補強がうまくいかなければAクラスさえ厳しい状況です。都合のいい話ですが、2、3年は監督候補に名前が挙がった岡田元監督などが世代交代を進め、地ならしが済んだ後に監督をやりたいのです。実際、『来年、どうやって勝つのよ?』と漏らしているそうですから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    原発外交、領土交渉…自民党は3代目に身上をつぶされる

もっと見る