“足かせ”は2つ…金本氏「阪神監督受諾」へ尻込みの真相

公開日:  更新日:

「やる気はある。でも今は……というのが本音ではないか」

 阪神から次期監督の就任要請を受けている金本知憲氏(47)の胸中を代弁するのは、ある関係者だ。

 金本氏は12日夜、都内で阪神と3度目の交渉を行った。その際も返事は保留したものの、来季のコーチ人事などにも影響するため、近日中にも決断するとみられている。

 金本氏は、和田監督の退任を発表した翌日の10月1日、球団幹部と初交渉を行った。それから2週間がたった今も、煮え切らない態度を続けている。冒頭の関係者が言う。

「監督になる気がないならさっさと断ればいいのに、今のところ金本は『監督はやりません』とは一言も言っていない。実は本人が悩んでいるのはチーム状況なんです。今の阪神は、メッセンジャーとマートン、ゴメスが中心のチーム。鳥谷、福留、西岡もピークを過ぎた。マートンや抑えの呉昇桓は退団濃厚とみられており、二軍を見ても彼らの穴を埋めることができそうな生え抜きは育っていない。バリバリ働けるのは藤浪ぐらいなもんでしょ。補強がうまくいかなければAクラスさえ厳しい状況です。都合のいい話ですが、2、3年は監督候補に名前が挙がった岡田元監督などが世代交代を進め、地ならしが済んだ後に監督をやりたいのです。実際、『来年、どうやって勝つのよ?』と漏らしているそうですから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る