阪神新監督に金本氏 “鉄人アニキ流”でパワーヒッター育てる

公開日: 更新日:

 阪神の監督就任が決まった金本知憲氏(47)は12年に現役を引退して以降、これまで一度も指導者経験がない。はたしてどんな野球をやるのか。ヒントは金本氏自身の現役時代にありそうだ。

 氏は広島県出身。広陵高時代は甲子園経験もない。東北福祉大4年時に大学選手権初優勝の立役者となったものの、プロがドラフトの上位指名を検討するほどの選手ではなかった。

「痩せこけて、ひょろっとした感じの選手でしたしね。当初は編成部の獲得リストにも載っていなかったといいます。けど、当時、チームの指揮を執っていた山本浩二監督がどうしても取って欲しいとプッシュして、獲得が決まった。監督のコネがあって、入団が決まった選手です」(広島OB)

 大卒ならフツーは即戦力だが、プロ1年目は5試合、2年目は42試合に出場しただけ。一時は本人もクビを覚悟したといわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  2. 2

    麻生大臣は年金破綻認めていた 10年以上前に論文で堂々と

  3. 3

    愛犬との散歩が日課…夏目三久「フリー8年」寂し気な日常

  4. 4

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  5. 5

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  6. 6

    クリスチャンの特攻隊員が密かに残した手紙に戦時下の心理

  7. 7

    「ご三家に合格する子」の家庭環境をプロ家庭教師が明かす

  8. 8

    高嶋ちさ子が激怒 反抗期の長男に「お前フザけるなよ!」

  9. 9

    国広富子さんは高級パンプス履き平壌の党幹部住宅で生活

  10. 10

    巨人は首位浮上も…守護神マシソン“傷だらけ”で離脱危機

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る