阪神新監督に金本氏 “鉄人アニキ流”でパワーヒッター育てる

公開日:  更新日:

 阪神の監督就任が決まった金本知憲氏(47)は12年に現役を引退して以降、これまで一度も指導者経験がない。はたしてどんな野球をやるのか。ヒントは金本氏自身の現役時代にありそうだ。

 氏は広島県出身。広陵高時代は甲子園経験もない。東北福祉大4年時に大学選手権初優勝の立役者となったものの、プロがドラフトの上位指名を検討するほどの選手ではなかった。

「痩せこけて、ひょろっとした感じの選手でしたしね。当初は編成部の獲得リストにも載っていなかったといいます。けど、当時、チームの指揮を執っていた山本浩二監督がどうしても取って欲しいとプッシュして、獲得が決まった。監督のコネがあって、入団が決まった選手です」(広島OB)

 大卒ならフツーは即戦力だが、プロ1年目は5試合、2年目は42試合に出場しただけ。一時は本人もクビを覚悟したといわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  6. 6

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  7. 7

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  8. 8

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

  9. 9

    黒木華に初熱愛報道 “個性派”シフトで松田龍平射止めるか

  10. 10

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

もっと見る