• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

金本新監督で一掃なるのか…阪神に巣食う“ぬるま湯”体質

「これまでは試合に臨む気が少し、欠けていた印象がある。そのあたりを自分が伝えていくしかない。勝ちながら再建したい。そのためには練習と意識。そこだけ」

 阪神の新監督に就任した金本知憲氏(47)が昨19日、大阪市内のホテルで会見に臨み、こう言った。

 阪神の若手が伸び悩む理由のひとつは、なるほど選手たち自身の甘えにあるのかもしれない。人気球団ゆえに、一軍半や二軍クラスの選手だろうと周囲からチヤホヤされるし、勘違いするケースも多い。

 ドラフト下位指名ながら努力で一流選手にはい上がった金本新監督のことだ、自身の体験談を踏まえて若手の意識を変えることはできるかもしれない。意識が変わればおのずと野球への取り組み方も変わる。

 しかし、いまの阪神に「練習と意識」の変化によって、モノになりそうな若手選手が、果たしてどれくらいいるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る