金本新監督で一掃なるのか…阪神に巣食う“ぬるま湯”体質

公開日: 更新日:

「これまでは試合に臨む気が少し、欠けていた印象がある。そのあたりを自分が伝えていくしかない。勝ちながら再建したい。そのためには練習と意識。そこだけ」

 阪神の新監督に就任した金本知憲氏(47)が昨19日、大阪市内のホテルで会見に臨み、こう言った。

 阪神の若手が伸び悩む理由のひとつは、なるほど選手たち自身の甘えにあるのかもしれない。人気球団ゆえに、一軍半や二軍クラスの選手だろうと周囲からチヤホヤされるし、勘違いするケースも多い。

 ドラフト下位指名ながら努力で一流選手にはい上がった金本新監督のことだ、自身の体験談を踏まえて若手の意識を変えることはできるかもしれない。意識が変わればおのずと野球への取り組み方も変わる。

 しかし、いまの阪神に「練習と意識」の変化によって、モノになりそうな若手選手が、果たしてどれくらいいるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

もっと見る