金本新監督で一掃なるのか…阪神に巣食う“ぬるま湯”体質

公開日:  更新日:

「これまでは試合に臨む気が少し、欠けていた印象がある。そのあたりを自分が伝えていくしかない。勝ちながら再建したい。そのためには練習と意識。そこだけ」

 阪神の新監督に就任した金本知憲氏(47)が昨19日、大阪市内のホテルで会見に臨み、こう言った。

 阪神の若手が伸び悩む理由のひとつは、なるほど選手たち自身の甘えにあるのかもしれない。人気球団ゆえに、一軍半や二軍クラスの選手だろうと周囲からチヤホヤされるし、勘違いするケースも多い。

 ドラフト下位指名ながら努力で一流選手にはい上がった金本新監督のことだ、自身の体験談を踏まえて若手の意識を変えることはできるかもしれない。意識が変わればおのずと野球への取り組み方も変わる。

 しかし、いまの阪神に「練習と意識」の変化によって、モノになりそうな若手選手が、果たしてどれくらいいるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  8. 8

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  9. 9

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る