山本家も狂喜 ダル2世が秘める「天才アスリート」のDNA

公開日:  更新日:

 待望の「2世」が産声を上げた。

 30日、レンジャーズのダルビッシュ有(28)と山本聖子(34)との間に第1子が誕生。ダルは自身のツイッターで、「アメリカ時間29日午後に元気な男の子の赤ちゃんが産まれました。母子ともに健康です」と喜びをつづった。

 これに狂喜しているのが山本家だ。聖子の兄、“KID”徳郁がインスタグラムで「ゆうくん!聖子!赤ちゃん!おめでとう!!!!!!!My lil sis got new baby!!」(原文ママ)と祝福すれば、父の郁栄氏も「最初はレスリングをやらせたい」と鼻息も荒い。

 子供の「遺伝子」を考えればそれも無理はない。ダルはただでさえメジャーのサイ・ヤング賞投手候補の上、自身もイラン人とのハーフ。そこにレスリング一家の山本家の血が加わるのだ。子供は3500グラムの特大ベビー。すでに天才アスリートたちの遺伝子が発露しているといっても過言ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る