日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

山本家も狂喜 ダル2世が秘める「天才アスリート」のDNA

 待望の「2世」が産声を上げた。

 30日、レンジャーズのダルビッシュ有(28)と山本聖子(34)との間に第1子が誕生。ダルは自身のツイッターで、「アメリカ時間29日午後に元気な男の子の赤ちゃんが産まれました。母子ともに健康です」と喜びをつづった。

 これに狂喜しているのが山本家だ。聖子の兄、“KID”徳郁がインスタグラムで「ゆうくん!聖子!赤ちゃん!おめでとう!!!!!!!My lil sis got new baby!!」(原文ママ)と祝福すれば、父の郁栄氏も「最初はレスリングをやらせたい」と鼻息も荒い。

 子供の「遺伝子」を考えればそれも無理はない。ダルはただでさえメジャーのサイ・ヤング賞投手候補の上、自身もイラン人とのハーフ。そこにレスリング一家の山本家の血が加わるのだ。子供は3500グラムの特大ベビー。すでに天才アスリートたちの遺伝子が発露しているといっても過言ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事