プロでも対応困難 大谷の160kmは他の剛速球と何が違うのか

公開日:  更新日:

「いやね、球の質もいいんですよ」

 ある評論家がパ・リーグの打者何人かに聞いたそうだ。日本ハムのエースで、19日に「プレミア12」の準決勝(対韓国戦)に先発する大谷翔平(21)に関してだ。

「160キロを投げると騒がれてるけど、ただ球が速いだけなら、おまえらプロの打者はいくらでも打てるはず。なぜ、最多勝(15)と防御率(2.24)のタイトルを取れるのか」と。

 すると、冒頭のような答えが返ってきたというのだ。打者のひとりは、さらにこう続けたという。

「ただ速いだけじゃないんです。ストレートはスピンが利いていて、手元でホップするっていうのかな。球質も重い感じがします」

 大谷は今年がプロ3年目。ゆくゆくはメジャーに挑戦するにせよ、最低でもあと2、3年は日本でプレーするとみられている。にもかかわらず8日の韓国戦のネット裏には、多くのメジャースカウトが顔をそろえた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  3. 3

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  4. 4

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  5. 5

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  6. 6

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  7. 7

    メディアは国のトップ発言の垂れ流しを終わりにするべき

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  10. 10

    鈴木誠也の2位指名は“凡打ばかりのプレゼン”も一役買った

もっと見る