• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

プロでも対応困難 大谷の160kmは他の剛速球と何が違うのか

「いやね、球の質もいいんですよ」

 ある評論家がパ・リーグの打者何人かに聞いたそうだ。日本ハムのエースで、19日に「プレミア12」の準決勝(対韓国戦)に先発する大谷翔平(21)に関してだ。

「160キロを投げると騒がれてるけど、ただ球が速いだけなら、おまえらプロの打者はいくらでも打てるはず。なぜ、最多勝(15)と防御率(2.24)のタイトルを取れるのか」と。

 すると、冒頭のような答えが返ってきたというのだ。打者のひとりは、さらにこう続けたという。

「ただ速いだけじゃないんです。ストレートはスピンが利いていて、手元でホップするっていうのかな。球質も重い感じがします」

 大谷は今年がプロ3年目。ゆくゆくはメジャーに挑戦するにせよ、最低でもあと2、3年は日本でプレーするとみられている。にもかかわらず8日の韓国戦のネット裏には、多くのメジャースカウトが顔をそろえた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  2. 2

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  3. 3

    フリー転身説浮上 NHK桑子真帆アナに有働アナが“急接近”

  4. 4

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  5. 5

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  6. 6

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  7. 7

    お笑い界の“成功モデル”に?坊主頭の人気芸人が増えたナゾ

  8. 8

    タレントどもの“W杯便乗商法”はまだ始まったばかり

  9. 9

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  10. 10

    貴乃花一門“完全消滅”で「阿武松グループ」の処遇どうなる

もっと見る