格下相手に2回2失点 侍J大谷に米スカウト評価は「消化不良」

公開日:  更新日:

 突然、乱れた。

 5日、侍ジャパンの大谷翔平(日本ハム=写真)がプエルトリコとの強化試合に2番手で登板。2イニング目の五回、2死走者なしから下位打線に好機を広げられ、2本の適時打を許して2失点。不利なカウントから力んで痛打を浴びる「悪癖」が出たが、「プレミア12」の開幕戦となる8日・韓国戦の先発に向けて「しっかり試せてよかった」と、収穫を口にした。

 将来的なメジャー挑戦を目標にする大谷にとって「プレミア12」は格好のアピールの場だ。

 MLBが40人枠に入る選手の派遣を断ったことで、この日対戦したプエルトリコがそうだったように、大半は3A、2Aクラスのマイナーリーガーだ。

 あるメジャースカウトはこう言う。

「大谷は今年、高卒3年目の21歳シーズンを終えた。走者を出してからの投球に課題があるものの、メジャーに定着できる段階にはきている。『プレミア12』の大会レベルを考えれば、しっかりと抑えてもらいたいのが本音だよ」

 韓国は李大浩などの強打者が揃うが、ここで手をこまねいているわけにはいかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る