格下相手に2回2失点 侍J大谷に米スカウト評価は「消化不良」

公開日:  更新日:

 突然、乱れた。

 5日、侍ジャパンの大谷翔平(日本ハム=写真)がプエルトリコとの強化試合に2番手で登板。2イニング目の五回、2死走者なしから下位打線に好機を広げられ、2本の適時打を許して2失点。不利なカウントから力んで痛打を浴びる「悪癖」が出たが、「プレミア12」の開幕戦となる8日・韓国戦の先発に向けて「しっかり試せてよかった」と、収穫を口にした。

 将来的なメジャー挑戦を目標にする大谷にとって「プレミア12」は格好のアピールの場だ。

 MLBが40人枠に入る選手の派遣を断ったことで、この日対戦したプエルトリコがそうだったように、大半は3A、2Aクラスのマイナーリーガーだ。

 あるメジャースカウトはこう言う。

「大谷は今年、高卒3年目の21歳シーズンを終えた。走者を出してからの投球に課題があるものの、メジャーに定着できる段階にはきている。『プレミア12』の大会レベルを考えれば、しっかりと抑えてもらいたいのが本音だよ」

 韓国は李大浩などの強打者が揃うが、ここで手をこまねいているわけにはいかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    1歳年下フジテレビ社員の彼が“観劇デート”後の車中で…

もっと見る