「二刀流反対論」再燃も CS敗退ハム大谷を待ちうける“逆風”

公開日:  更新日:

「投」でも「打」でもチームの足を引っ張った。

 CSファーストステージでロッテに敗退した日本ハム。12日の3戦目は10安打を打ちながら10残塁という拙攻がたたったが、この3試合を通して見れば大谷翔平(21)の不甲斐なさも敗因のひとつだろう。

 先発した10日の初戦はロッテ打線にのみ込まれ、3回持たずに5失点でKO。「自分のボールに自信が持てない」と肩を落とした。12日は八回1死一、三塁のチャンスに代打で登場するも、空振り三振。ワンバウンドの落ちるボールを2回振るというお粗末なスイングでファンを失望させた。

 今季は打者として109打数で打率.202、5本塁打、17打点、43三振。多くを期待できないのは最初からわかっていた。問題はハーラートップタイの15勝(5敗)を挙げ、防御率2.24も同1位の「投手大谷」があっけなく炎上したことだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る