• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「二刀流反対論」再燃も CS敗退ハム大谷を待ちうける“逆風”

「投」でも「打」でもチームの足を引っ張った。

 CSファーストステージでロッテに敗退した日本ハム。12日の3戦目は10安打を打ちながら10残塁という拙攻がたたったが、この3試合を通して見れば大谷翔平(21)の不甲斐なさも敗因のひとつだろう。

 先発した10日の初戦はロッテ打線にのみ込まれ、3回持たずに5失点でKO。「自分のボールに自信が持てない」と肩を落とした。12日は八回1死一、三塁のチャンスに代打で登場するも、空振り三振。ワンバウンドの落ちるボールを2回振るというお粗末なスイングでファンを失望させた。

 今季は打者として109打数で打率.202、5本塁打、17打点、43三振。多くを期待できないのは最初からわかっていた。問題はハーラートップタイの15勝(5敗)を挙げ、防御率2.24も同1位の「投手大谷」があっけなく炎上したことだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  3. 3

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  7. 7

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  8. 8

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

  9. 9

    改元は来年…残るオウム受刑者は「恩赦」の対象になるのか

  10. 10

    婚約発表の平幕勢 賞金ランク4位・比嘉真美子との年収格差

もっと見る