年俸大幅減の可能性も…ソフトB松田メジャー挑戦の本気度

公開日: 更新日:

 メジャーで日本人野手の評価は極めて低い。中でも内野手はほとんど壊滅状態。西岡(31=阪神)、中島(33=オリックス)、田中(34=日本ハム)……。昨オフは鳥谷(34=阪神)がFAによるメジャー挑戦を表明しながら、あまりの評価の低さに断念した経緯がある。

 絶対的な身体能力で劣る日本人内野手が、守備でレギュラーの座をつかむのは至難の業。遊撃手として海を渡っても二塁手に転向させられるし、一塁や三塁を守るには打撃のパワーが不足しているのだ。

 そんな状況下で、メジャー挑戦の意向を明らかにしたのがソフトバンク松田宣浩(32)。9日、海外FAを使ってメジャー挑戦をする意向を明らかにした。

 今季、自己最多の35本塁打、94打点をマークした松田はしかし、メジャーではほとんど評価されないという。プロ野球で35本打っても、喫した三振は135。当たればデカくても確実性に欠けるため、メジャーの動く速球には対応できないと判断されるそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  7. 7

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  8. 8

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

もっと見る