2人合わせて300億円 ヤンキースに「中田翔&大谷」獲得構想

公開日:  更新日:

 超一流のスター選手を抱えるメジャーきっての老舗人気球団・ヤンキース。カネに飽かせてスターをカキ集めている印象があるものの、選手獲得にはヤンキースならではの綿密な判断基準があるという。

「選手の実力を年齢や成績などを加味したうえで数値化、独自の数式にあてはめて基準値をクリアした選手が獲得候補になる。今季までGM補佐を務め、キャッシュマンGMの右腕といわれたビリー・エプラー(現エンゼルスGM)が編み出したシステムだといいます。で、エプラー以下のスカウトが、球場で数字に表れない要素をチェックしているのです」とは、東海岸のさる代理人関係者だ。

 そのヤンキース独自の基準をクリアした日本人選手がいるという。日本ハムの中田翔(26)だ。

 開催中のプレミア12で計19打数10安打(5割2分6厘)、2本塁打、13打点。5戦全勝で1次ラウンド突破を決めた昨15日のベネズエラ戦は4戦連続の決勝打こそ逃したとはいえ、八回に一時は逆転となる2点適時二塁打を放った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  6. 6

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  7. 7

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  8. 8

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  9. 9

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る