• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

世界選手権には強気も…真央はメンタルより体力衰え深刻

 いよいよ引退までのカウントダウンに入ったか。全日本選手権で3位に終わったフィギュアスケートの浅田真央(25)である。

 27日のフリーではトリプルアクセル(3回転半)で転倒。今季の課題だったジャンプ、着氷の精度が上がらず、ミスを連発した前日のSPと合わせて193.75点で、昨季の世界選手権銀メダリスト宮原知子(17)、新鋭の樋口新葉(14)の後塵を拝した。

 浅田は宮原、4位の本郷理華(19)とともに来年3月の世界選手権(米国・ボストン)代表に選ばれ「練習を積み重ねていって、自分のペースで一歩一歩進んでいければ。いい演技ができるように頑張りたい」と巻き返しを口にしたが、先行きは極めて不透明だ。

 2年ぶりに復帰した今季の不調の原因について浅田本人は精神面を挙げているものの、フィジカルに不安を抱えているのは明らかだ。下半身への負担が大きいトリプルアクセルでミスが出ることに体力的な衰えを指摘するフィギュア関係者は少なくない。

 過去3度、女王の称号を手にした世界選手権では、国内外の若手を相手に力の差を見せつけられる可能性が高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る