日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

世界選手権には強気も…真央はメンタルより体力衰え深刻

 いよいよ引退までのカウントダウンに入ったか。全日本選手権で3位に終わったフィギュアスケートの浅田真央(25)である。

 27日のフリーではトリプルアクセル(3回転半)で転倒。今季の課題だったジャンプ、着氷の精度が上がらず、ミスを連発した前日のSPと合わせて193.75点で、昨季の世界選手権銀メダリスト宮原知子(17)、新鋭の樋口新葉(14)の後塵を拝した。

 浅田は宮原、4位の本郷理華(19)とともに来年3月の世界選手権(米国・ボストン)代表に選ばれ「練習を積み重ねていって、自分のペースで一歩一歩進んでいければ。いい演技ができるように頑張りたい」と巻き返しを口にしたが、先行きは極めて不透明だ。

 2年ぶりに復帰した今季の不調の原因について浅田本人は精神面を挙げているものの、フィジカルに不安を抱えているのは明らかだ。下半身への負担が大きいトリプルアクセルでミスが出ることに体力的な衰えを指摘するフィギュア関係者は少なくない。

 過去3度、女王の称号を手にした世界選手権では、国内外の若手を相手に力の差を見せつけられる可能性が高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事