連盟の“権力争い”まで絡み…浅田真央「現役続行」の全舞台裏

公開日:  更新日:

 13日のスポーツ各紙がデカデカと報じた浅田真央(24)の現役続行。休養中の女子フィギュアの人気者が「師事していた佐藤信夫コーチ(73)に再び指導を依頼」とあったが、同じ日に佐藤コーチも「そういう方向(現役続行)でいきたいと聞いている」と認めた。同コーチによれば、すでに真央は練習を再開しており、「18日に(記者会見で)本人が話すというので、それまではそっとしてあげて欲しい」とした。

 真央は「集大成」と位置付けた昨年2月のソチ五輪に惨敗。帰国後は進退について「ハーフハーフ」と語り、5月に休養を宣言。今シーズンはグランプリシリーズ(GP)や世界選手権などの公式戦はすべて欠場した。ここにきて進退について騒がしくなってきたのは、6月に国際スケート連盟から来季のGP出場選手が発表されるため、今月中に日本連盟が浅田に出場の意思を確認することになっているからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る