大関琴奨菊が全勝ターン 10年ぶり日本人優勝に一縷の望み

公開日: 更新日:

 奇跡は起きるか。

 8日目(17日)にして全勝力士が2人だけとなった初場所。横綱白鵬は当然として、もう1人が大関琴奨菊(31)とは相撲ファンも驚きを隠せないのではないか。

 17日は同じ大関の稀勢の里を、得意のがぶり寄りで撃破した。「体調がいいから」と胸を張るなど、初日から快進撃。場所後には昨年7月に婚姻届を出した夫人との挙式も控えていることもあり、気の早いマスコミは「優勝で花を添えたい」などと報じている。

 だが、琴奨菊といえば“頼りない大関”の筆頭。優勝経験はなく、大関昇進後は最高でも11勝しか挙げたことがない。これまでカド番も5回を数えている。ファンの期待を裏切り続けているどころか、力士や親方衆からも「琴奨菊が優勝なんて、悪い冗談」と陰口を叩かれている。

 ある親方は「不器用な一芸力士でしかない」と、こう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    安倍首相「内定率は過去最高」はいいトコ取りの目くらまし

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  9. 9

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  10. 10

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

もっと見る