スポーツ中継解説の質低下に「研究不足」とファン苦言

公開日: 更新日:

「テレビでスポーツ中継を見ていると、本当に視聴者のことを考えているのかと思いますね。とくにひどいのが大相撲です」

 のっけからこう語るのは、スポーツファンで好角家の松野弘氏(東農大客員教授)だ。

 確かにNHKの大相撲中継を見ていると、仕切りの制限時間(幕内4分以内)まで、アナウンサーと解説者が過去の対戦成績を紹介し、あとはつまらないやりとりで時間をつぶしているだけ。直後の取組にひきつけられるような話題や情報はほとんど視聴者に与えない。前出の松野氏がこう続ける。

「昔の玉ノ海(元関脇)や神風(同)といった解説者は、辛口だがユーモアがあり、戦法や力士の動きをわかりやすく説明していたものです。今は厳しい指摘は少ないし、力士のこともどれだけ研究しているのか疑問です。つまらないことをペラペラしゃべっているなら、制限時間までに、力士の体や足のサイズ、性格や得意の形、決まり手、持ち技、苦手な相手、過去の故障箇所等を紹介してくれたり、画面に一覧表でも出してくれた方がファンにとってはよほどありがたいですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  8. 8

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

もっと見る