33歳で大関取りに意欲満々 新関脇・嘉風って何者だ?

公開日: 更新日:

「関脇は大関に昇進する権利を与えられた番付ですから。33歳で目指しても、悪くはないですね」

 こう言って笑顔を見せたのが嘉風(33)だ。昨24日に発表された来年初場所の番付で、自身初となる関脇昇進。新入幕から所要59場所で関脇というのは、史上2番目のスロー昇進だ。

 直近の3場所で31勝。11月場所は8勝7敗も、横綱鶴竜、大関の稀勢の里豪栄道を破っている。33歳とベテランの風格を漂わせながらも、いまだ成長が止まらない。

 日体大相撲部3年時にアマチュア横綱に輝き、幕下付け出しの権利を取得。この権利は1年で失効するため、幕下でデビューしたければ大学を中退して相撲部屋に入門する必要があった。しかし、嘉風は学業を優先。卒業後に尾車部屋に入門し、前相撲から下積みを積んだ。

「マジメで穏やかな常識人。その意味では個性が薄いともいえる。家族を非常に大事にしており、一時期は夫人が子どものために作ったキャラクター弁当の写真をフェイスブックで毎日のようにアップしていた。9月場所2日目に白鵬を倒した時は、偶然、家族が国技館に観戦に来ていた。大喜びの嘉風はこれを験担ぎとし、3日目から毎日家族を国技館に通わせていました」(相撲記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    巨人OBも危惧「救援防御率」セ最下位でよぎる4年前の悪夢

もっと見る