• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

33歳で大関取りに意欲満々 新関脇・嘉風って何者だ?

「関脇は大関に昇進する権利を与えられた番付ですから。33歳で目指しても、悪くはないですね」

 こう言って笑顔を見せたのが嘉風(33)だ。昨24日に発表された来年初場所の番付で、自身初となる関脇昇進。新入幕から所要59場所で関脇というのは、史上2番目のスロー昇進だ。

 直近の3場所で31勝。11月場所は8勝7敗も、横綱鶴竜、大関の稀勢の里と豪栄道を破っている。33歳とベテランの風格を漂わせながらも、いまだ成長が止まらない。

 日体大相撲部3年時にアマチュア横綱に輝き、幕下付け出しの権利を取得。この権利は1年で失効するため、幕下でデビューしたければ大学を中退して相撲部屋に入門する必要があった。しかし、嘉風は学業を優先。卒業後に尾車部屋に入門し、前相撲から下積みを積んだ。

「マジメで穏やかな常識人。その意味では個性が薄いともいえる。家族を非常に大事にしており、一時期は夫人が子どものために作ったキャラクター弁当の写真をフェイスブックで毎日のようにアップしていた。9月場所2日目に白鵬を倒した時は、偶然、家族が国技館に観戦に来ていた。大喜びの嘉風はこれを験担ぎとし、3日目から毎日家族を国技館に通わせていました」(相撲記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

もっと見る