33歳で大関取りに意欲満々 新関脇・嘉風って何者だ?

公開日: 更新日:

「関脇は大関に昇進する権利を与えられた番付ですから。33歳で目指しても、悪くはないですね」

 こう言って笑顔を見せたのが嘉風(33)だ。昨24日に発表された来年初場所の番付で、自身初となる関脇昇進。新入幕から所要59場所で関脇というのは、史上2番目のスロー昇進だ。

 直近の3場所で31勝。11月場所は8勝7敗も、横綱鶴竜、大関の稀勢の里と豪栄道を破っている。33歳とベテランの風格を漂わせながらも、いまだ成長が止まらない。

 日体大相撲部3年時にアマチュア横綱に輝き、幕下付け出しの権利を取得。この権利は1年で失効するため、幕下でデビューしたければ大学を中退して相撲部屋に入門する必要があった。しかし、嘉風は学業を優先。卒業後に尾車部屋に入門し、前相撲から下積みを積んだ。

「マジメで穏やかな常識人。その意味では個性が薄いともいえる。家族を非常に大事にしており、一時期は夫人が子どものために作ったキャラクター弁当の写真をフェイスブックで毎日のようにアップしていた。9月場所2日目に白鵬を倒した時は、偶然、家族が国技館に観戦に来ていた。大喜びの嘉風はこれを験担ぎとし、3日目から毎日家族を国技館に通わせていました」(相撲記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る