33歳で大関取りに意欲満々 新関脇・嘉風って何者だ?

公開日:  更新日:

「関脇は大関に昇進する権利を与えられた番付ですから。33歳で目指しても、悪くはないですね」

 こう言って笑顔を見せたのが嘉風(33)だ。昨24日に発表された来年初場所の番付で、自身初となる関脇昇進。新入幕から所要59場所で関脇というのは、史上2番目のスロー昇進だ。

 直近の3場所で31勝。11月場所は8勝7敗も、横綱鶴竜、大関の稀勢の里と豪栄道を破っている。33歳とベテランの風格を漂わせながらも、いまだ成長が止まらない。

 日体大相撲部3年時にアマチュア横綱に輝き、幕下付け出しの権利を取得。この権利は1年で失効するため、幕下でデビューしたければ大学を中退して相撲部屋に入門する必要があった。しかし、嘉風は学業を優先。卒業後に尾車部屋に入門し、前相撲から下積みを積んだ。

「マジメで穏やかな常識人。その意味では個性が薄いともいえる。家族を非常に大事にしており、一時期は夫人が子どものために作ったキャラクター弁当の写真をフェイスブックで毎日のようにアップしていた。9月場所2日目に白鵬を倒した時は、偶然、家族が国技館に観戦に来ていた。大喜びの嘉風はこれを験担ぎとし、3日目から毎日家族を国技館に通わせていました」(相撲記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    キスシーンが不評 “独身貴族”佐々木蔵之介のイタい私生活

もっと見る