相撲人気回復中なのに…力士会が巡業数10増に苦情のナゼ

公開日: 更新日:

 1日付の読売新聞によれば、10日から初場所が開催される大相撲の巡業数は15年度の60日を上回る70日以上になるという。年間70日といえば、若貴ブームに沸いた94年以来、22年ぶり。昨今は相撲人気が回復していることもあり、各地から巡業の申し込みが殺到している。

 これに苦情を言っているのが力士会だ。昨年の60日ですら負担が大きかったようで、年末には「長時間移動の改善」「トレーナーの増員」「ケガを防ぐために土俵に上がる力士を日によって東西の力士に分ける」などの巡業改革案を協会に提出した。

 02年から公傷が認められなくなった以上、ケガを恐れて巡業で土俵に上がらない力士も増えている。秋巡業では相撲を取ったのがわずか4人という日もあったほど。巡業過多で体力が回復せず、本場所でケガをする力士もいる。「このままではどっちつかずになる」というのが、力士の総意なのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る