相撲人気回復中なのに…力士会が巡業数10増に苦情のナゼ

公開日:  更新日:

 1日付の読売新聞によれば、10日から初場所が開催される大相撲の巡業数は15年度の60日を上回る70日以上になるという。年間70日といえば、若貴ブームに沸いた94年以来、22年ぶり。昨今は相撲人気が回復していることもあり、各地から巡業の申し込みが殺到している。

 これに苦情を言っているのが力士会だ。昨年の60日ですら負担が大きかったようで、年末には「長時間移動の改善」「トレーナーの増員」「ケガを防ぐために土俵に上がる力士を日によって東西の力士に分ける」などの巡業改革案を協会に提出した。

 02年から公傷が認められなくなった以上、ケガを恐れて巡業で土俵に上がらない力士も増えている。秋巡業では相撲を取ったのがわずか4人という日もあったほど。巡業過多で体力が回復せず、本場所でケガをする力士もいる。「このままではどっちつかずになる」というのが、力士の総意なのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る