相撲人気回復中なのに…力士会が巡業数10増に苦情のナゼ

公開日: 更新日:

 1日付の読売新聞によれば、10日から初場所が開催される大相撲の巡業数は15年度の60日を上回る70日以上になるという。年間70日といえば、若貴ブームに沸いた94年以来、22年ぶり。昨今は相撲人気が回復していることもあり、各地から巡業の申し込みが殺到している。

 これに苦情を言っているのが力士会だ。昨年の60日ですら負担が大きかったようで、年末には「長時間移動の改善」「トレーナーの増員」「ケガを防ぐために土俵に上がる力士を日によって東西の力士に分ける」などの巡業改革案を協会に提出した。

 02年から公傷が認められなくなった以上、ケガを恐れて巡業で土俵に上がらない力士も増えている。秋巡業では相撲を取ったのがわずか4人という日もあったほど。巡業過多で体力が回復せず、本場所でケガをする力士もいる。「このままではどっちつかずになる」というのが、力士の総意なのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  4. 4

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    作曲家デビューした裕一「福島行進曲」B面の作詞家は?

  7. 7

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  10. 10

    “脇職人”みちょぱ 絶妙スタンスを生んだ彼女の飽きっぽさ

もっと見る