MLB調査は警察OBが 実弟野球賭博問題でダルビッシュ丸裸

公開日: 更新日:

 本人が否定したからといって、それで終わる問題ではなさそうだ。

 レンジャーズのダルビッシュ有(29)が19日(日本時間20日)、実弟の翔容疑者(26)が昨年10月に野球賭博で逮捕、起訴された件に関し、「私は賭博行為にこれまでもいまも一切、関わっていない」との声明を発表。ジャパン・タイムズ(電子版)が、「ダルが賭博について大リーグ機構(MLB)の調査を受けている」と報じたことを受けてだ。

 メジャーはタンパリング(事前交渉)などの不正や賭博行為に関してシビアだ。本人が否定しようが、徹底的に調べ上げる。昨年3月にはマーリンズの右腕コサートが本人は否定しながら、野球賭博の疑いで調査されて罰金処分に。野球賭博ではなく、違法なスポーツ賭博に手を出していたことが明らかになった。米ヤフースポーツ(電子版)はダルについて「トミー・ジョン手術のリハビリ中で試合に影響を与えることは不可能だが、クラブハウスからチーム情報を伝えることはできる」と報じている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  7. 7

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

  10. 10

    ラグビー日本代表 2023年W杯への若手育成阻む「2つの壁」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る