日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

先発緊急補強か マイコ離脱で「10勝」失った巨人に非常事態

 巨人は7日、マイルズ・マイコラス(27)が、右肩の治療のため米国に帰国したと発表した。一部報道では、本人はPRP療法を希望しているという。

 昨季13勝3敗。ひとりで貯金10を稼いだエース格だが、一軍の宮崎キャンプ中の2月13日に右肩の異常を訴え、沖縄2次キャンプ帯同を回避した。都内の病院で検査したところ、患部に異常はなし。それでも本人は「痛い」と言う。スタッフが途方に暮れる中、ほぼノースロー調整が続いていた。

 先日、高橋由伸監督(40)は「今投げていないんだから当然開幕には間に合わない」と諦念していたが、仮にPRP療法を受けるとなれば、開幕どころの騒ぎではない。15日に再来日する予定だというものの、長期離脱の可能性もある。

 ヤンキースの田中が右ヒジにこの治療を受けた際は、復帰まで2カ月半を要した。巨人の山口も14年のオフに入ってすぐに同療法を行ったが、翌15年シーズンの前半は不調が続いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事