崖っぷちの巨人・村田修一 周囲の“岡本推し”に孤独な戦い

公開日: 更新日:

 キャンプで影が薄かったベテランがいる。FA入団5年目を迎える巨人の村田修一(35)だ。

 ドラフト1位入団で2年目の売り出し中・岡本和真(19)との正三塁手争いに注目が集まる中、沖縄キャンプでの対外試合5試合で8打数無安打。先輩の威厳を見せつけるどころか、全くぱっとしないのである。

 昨季は打率.236、12本塁打に終わった。衰えが指摘されるベテランは、オフに年下の27歳・坂本、31歳・長野が行うグアム自主トレに志願の“弟子入り”。「最後にひと花咲かせる」「和真にはまだ負けん」となりふり構わない姿勢でキャンプに入った。FA入団のベテランが例年以上にハイペースで仕上げ、宮崎1次キャンプで臨時コーチを務めた松井や長嶋終身名誉監督から「軸足の右足に体重を乗せてスイングすること」とアドバイスされた紅白戦2試合で2安打ずつ。しかし、沖縄2次キャンプに入ってトーンダウン。「もう疲れちゃったんじゃないか」なんて揶揄する関係者もいるほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  5. 5

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  6. 6

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  7. 7

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  8. 8

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  9. 9

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  10. 10

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

もっと見る