虎ファンと金本監督安堵…主将・鳥谷大当たりで雑音封じ

公開日:  更新日:

 虎の主将が大当たりだ。

 22日の広島戦で、5番に座った鳥谷が今季初本塁打を含む2安打6打点(2犠飛)の大活躍で勝利に貢献。「チャンスだったので思い切りいった。勝てたのがよかった」と話した。

 昨オフ、就任直後の金本監督に監督室へ呼ばれ、「おまえが変わらないとチームは変わらない。すべてが物足りな過ぎる。数字、気持ち、言葉、すべてにおいてもっと前面に出せ」と、伝えられた。キャンプでは率先してチームを鼓舞し、「野手MVP」にも選ばれたが、開幕から大不振に悩まされていた。

「試合開始前までの打率は・205、0本塁打、6打点。長打力アップを図るため、金本監督の指導により、以前の右足を上げる打法に戻したが、タイミングを取るのに苦労している様子だった。打撃不振が影響してか、自慢の守備でもミスが目立っていた。ただ、この日の本塁打は力強いスイングだった。徐々にだが、タイミングが合うようになってきたのだろう」(他球団スコアラー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る