虎ファンと金本監督安堵…主将・鳥谷大当たりで雑音封じ

公開日: 更新日:

 虎の主将が大当たりだ。

 22日の広島戦で、5番に座った鳥谷が今季初本塁打を含む2安打6打点(2犠飛)の大活躍で勝利に貢献。「チャンスだったので思い切りいった。勝てたのがよかった」と話した。

 昨オフ、就任直後の金本監督に監督室へ呼ばれ、「おまえが変わらないとチームは変わらない。すべてが物足りな過ぎる。数字、気持ち、言葉、すべてにおいてもっと前面に出せ」と、伝えられた。キャンプでは率先してチームを鼓舞し、「野手MVP」にも選ばれたが、開幕から大不振に悩まされていた。

「試合開始前までの打率は・205、0本塁打、6打点。長打力アップを図るため、金本監督の指導により、以前の右足を上げる打法に戻したが、タイミングを取るのに苦労している様子だった。打撃不振が影響してか、自慢の守備でもミスが目立っていた。ただ、この日の本塁打は力強いスイングだった。徐々にだが、タイミングが合うようになってきたのだろう」(他球団スコアラー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  5. 5

    Go To Travel“外国人も半額”デマ拡散…大慌て火消しの顛末

  6. 6

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  7. 7

    夜の街から芸能人が消えた…マスコミ「自粛警察化」の功罪

  8. 8

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  9. 9

    フジ謝罪せず “テラハ事件”背景とトレンディー常務の責任

  10. 10

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

もっと見る