• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

阪神・金本監督がDeNA采配を“嘲笑” 関係者激怒で遺恨勃発

「勝てば何を言ってもいいのか」

 15日の中日戦に大敗した阪神に、DeNAの関係者が怒っている。

 矛先は金本監督だ。5-2で勝利した14日のDeNA戦。敵将ラミレス監督が五回無死一、三塁で重盗を仕掛け、一塁走者の倉本が盗塁死する間に、三塁走者の乙坂が生還。一度は同点に追いつかれた。試合後、この場面を振り返った金本監督がこう言ったのだ。

「あれで流れが止まった。2点、3点とられそうな雰囲気だった。ありがとうございました。(1点は)どうぞ、どうぞ。アウトをくれてランナーなしになるなら喜んで」

 これがDeNA側に「ラミレス采配をコケにした」と、受け取られているのだ。

 阪神OBはこう言う。

「たしかにあの場面、阪神の内野は同点覚悟のゲッツーシフトだった。重盗を仕掛ける意味があったのかは疑問だ。だからといって、相手を挑発するような発言はやめた方がいい。相手チームの論評はしないのが普通。敵をつくらないことに越したことはない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る