阪神・金本監督がDeNA采配を“嘲笑” 関係者激怒で遺恨勃発

公開日:  更新日:

「勝てば何を言ってもいいのか」

 15日の中日戦に大敗した阪神に、DeNAの関係者が怒っている。

 矛先は金本監督だ。5-2で勝利した14日のDeNA戦。敵将ラミレス監督が五回無死一、三塁で重盗を仕掛け、一塁走者の倉本が盗塁死する間に、三塁走者の乙坂が生還。一度は同点に追いつかれた。試合後、この場面を振り返った金本監督がこう言ったのだ。

「あれで流れが止まった。2点、3点とられそうな雰囲気だった。ありがとうございました。(1点は)どうぞ、どうぞ。アウトをくれてランナーなしになるなら喜んで」

 これがDeNA側に「ラミレス采配をコケにした」と、受け取られているのだ。

 阪神OBはこう言う。

「たしかにあの場面、阪神の内野は同点覚悟のゲッツーシフトだった。重盗を仕掛ける意味があったのかは疑問だ。だからといって、相手を挑発するような発言はやめた方がいい。相手チームの論評はしないのが普通。敵をつくらないことに越したことはない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

もっと見る