• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「超変革」金本監督の足を引っ張ろうとOB連中“虎視眈々”

「一枚岩」ではなかった。

 阪神は17日の中日戦(ナゴヤドーム)で2試合連続のサヨナラ負け。今季初の3連敗でBクラス4位に転落した。開幕してまだ20試合しか消化しておらず、首位とは2ゲーム差。しかも借金があるわけでもなく、ジタバタする理由はない。

 だがしかし、この時期のたかが3連敗を冷ややかな目で見ているOBがいるのも事実だ。

 実は昨年11月、大阪市内で行われた阪神タイガースのOB総会で、監督も経験した役員が怪気炎をブチあげたことは表沙汰になっていない。そのOBは、「球団はどうやって監督を決めているのか。金本(知憲=48)はコーチの経験もない。なぜOB会に相談せずに金本にやらせるんだ!」と息巻いたという。

 すると、その発言を受けて別の監督経験者が、「そうだ、そうだ」と、同調の“合いの手”を入れたから、総会はにわかに不穏な空気に包まれた。その時だ。別の役員が手を挙げて立ち上がりこう一席ぶった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

  9. 9

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  10. 10

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

もっと見る