• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「超変革」金本監督の足を引っ張ろうとOB連中“虎視眈々”

「一枚岩」ではなかった。

 阪神は17日の中日戦(ナゴヤドーム)で2試合連続のサヨナラ負け。今季初の3連敗でBクラス4位に転落した。開幕してまだ20試合しか消化しておらず、首位とは2ゲーム差。しかも借金があるわけでもなく、ジタバタする理由はない。

 だがしかし、この時期のたかが3連敗を冷ややかな目で見ているOBがいるのも事実だ。

 実は昨年11月、大阪市内で行われた阪神タイガースのOB総会で、監督も経験した役員が怪気炎をブチあげたことは表沙汰になっていない。そのOBは、「球団はどうやって監督を決めているのか。金本(知憲=48)はコーチの経験もない。なぜOB会に相談せずに金本にやらせるんだ!」と息巻いたという。

 すると、その発言を受けて別の監督経験者が、「そうだ、そうだ」と、同調の“合いの手”を入れたから、総会はにわかに不穏な空気に包まれた。その時だ。別の役員が手を挙げて立ち上がりこう一席ぶった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ベトナムに完封負けも…森保U-21代表は優勝候補の韓国回避

もっと見る