昇格の守屋を先発抜擢 阪神・金本監督が貫く“超実力主義”

公開日:  更新日:

 高校球児のようだった。ピンチになると、大きく深呼吸した。表情には緊張感がアリアリと浮かんだ。それでも若武者は、臆さず力強く腕を振った。

 20日のヤクルト戦でプロ2年目にして初先発した守屋功輝(22)。山田に特大のアーチを打たれるなどプロの洗礼を浴びたが、必死で投げる姿に辛口の虎党も、降板時に温かい拍手を送った。

 キャンプ、開幕ともに二軍スタートだった。二軍で5試合に登板し、1勝0敗、防御率1.96と結果を残した。中継ぎの福原がこの日、不調で二軍降格。藤川も二軍調整するなど投手事情が悪化する中で、一軍昇格させて即起用。金本監督は「ストライクを入れるのが精いっぱいという感じだったが、いい経験にしてほしい」と言った。

 サイドハンドで球が打者の手元で微妙に動くのが特徴。倉敷工、ホンダ鈴鹿では大舞台の経験がほとんどない。どちらかといえば中継ぎタイプで、直球、変化球の球質、制球もまだまだ発展途上の選手。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る