森田健
著者のコラム一覧
森田健日本ボクシングコミッション顧問

1935年3月22日、群馬県高崎市生まれ。14歳から高崎ボクシングクラブのモスキート級で活躍し、アマ戦績19勝4敗。58年新和ジムに入門。プロでは21戦13勝5敗3分け。60年に引退後はインドネシア大使館に勤務し、64年に審判員に転向した。同年にジャッジとして、67年にレフェリーとしてデビューすると、2005年に引退するまで41年間で約3万試合、世界戦は97試合を裁いた。11年にJBC(日本ボクシングコミッション)事務局長に就任。15年2月に辞任し、現在はJBC顧問。

<8>国賓並みの待遇だった1976年のインドネシア訪問

公開日: 更新日:
海外で試合を裁く筆者(左)/(提供写真)

 海外遠征の経験も多かった私だが、一度だけ、どんな有名人にも劣らない歓待を受けたことがある。

 76年4月、私は東洋太平洋タイトルマッチのレフェリーとして、インドネシアを訪れた。私にとって、2度目のインドネシア訪問。飛行機が空港に着き、タラップに足を…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  3. 3

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  4. 4

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  5. 5

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  6. 6

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  7. 7

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  8. 8

    日ハム若手が結婚公表を渋るのは…稲葉侍J監督夫妻が原因

  9. 9

    中曽根元首相の合同葬 国の“コロナ対策”予算から9600万円

  10. 10

    プロ野球契約最終年 首筋が寒い監督4人「去る者 残る者」

もっと見る