森田健
著者のコラム一覧
森田健日本ボクシングコミッション顧問

1935年3月22日、群馬県高崎市生まれ。14歳から高崎ボクシングクラブのモスキート級で活躍し、アマ戦績19勝4敗。58年新和ジムに入門。プロでは21戦13勝5敗3分け。60年に引退後はインドネシア大使館に勤務し、64年に審判員に転向した。同年にジャッジとして、67年にレフェリーとしてデビューすると、2005年に引退するまで41年間で約3万試合、世界戦は97試合を裁いた。11年にJBC(日本ボクシングコミッション)事務局長に就任。15年2月に辞任し、現在はJBC顧問。

<14>日本人にアウエーの洗礼 アジアで酷暑極寒を経験

公開日: 更新日:
タイに乗り込んでベルトを守った勇利アルバチャコフ(C)日刊ゲンダイ

 日本のボクサーが、タイで行われたタイトルマッチで勝ったケースは非常に少ない。私もそれこそ、元WBCフライ級王者の勇利アルバチャコフくらいしか思い出せない。

 これは日本のみならず、韓国人ボクサーも同様だ。彼らがアウェーで勝てない理由は、不慣れな熱帯…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  7. 7

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  8. 8

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

もっと見る