日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
森田健
著者のコラム一覧
森田健日本ボクシングコミッション顧問

1935年3月22日、群馬県高崎市生まれ。14歳から高崎ボクシングクラブのモスキート級で活躍し、アマ戦績19勝4敗。58年新和ジムに入門。プロでは21戦13勝5敗3分け。60年に引退後はインドネシア大使館に勤務し、64年に審判員に転向した。同年にジャッジとして、67年にレフェリーとしてデビューすると、2005年に引退するまで41年間で約3万試合、世界戦は97試合を裁いた。11年にJBC(日本ボクシングコミッション)事務局長に就任。15年2月に辞任し、現在はJBC顧問。

<14>日本人にアウエーの洗礼 アジアで酷暑極寒を経験

タイに乗り込んでベルトを守った勇利アルバチャコフ(C)日刊ゲンダイ

 日本のボクサーが、タイで行われたタイトルマッチで勝ったケースは非常に少ない。私もそれこそ、元WBCフライ級王者の勇利アルバチャコフくらいしか思い出せない。

 これは日本のみならず、韓国人ボクサーも同様だ。彼らがアウェーで勝てない理由は、不慣れな熱帯…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事