• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

下水流よ、本流となって広島の街を潤せ!

 昔、広島出身で芸人を目指しているという若い子から芸名を相談された。「江野良芸二」というのはどうですかね? と言うから、それだけは絶対によせ! ときつく言って、結局「生牡蠣せせり」にすると言ってきた。その後彼がどうなったか知らない。

 以来、広島と聞くと、「生牡蠣せせり」という名前が浮かぶもんだで困っておる。

 広島カープという名前もアメリカ人は「カープ?」と怪訝な顔になる。「カープって? 鯉か? いろいろ勇ましい名前があろうに、なぜ鯉なんだ?」となる。「鯉というのは日本じゃ滝を登る。縁起がいいんだ」と説明しても「鯉はドヨンとした淀みに居るもんだ、滝を登るわけはない。その名前は自分たちで良いと思って付けたのか?」と聞くから「だから故意だ」。

 アメリカ人にゃ分かるまい、ケッ!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  8. 8

    フィギュアスケート日野龍樹さんの好物は目玉焼きのせご飯

  9. 9

    森友裁判で新展開 近畿財務局の前総務部長が法廷で証言へ

  10. 10

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

もっと見る