松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

下水流よ、本流となって広島の街を潤せ!

公開日: 更新日:

 昔、広島出身で芸人を目指しているという若い子から芸名を相談された。「江野良芸二」というのはどうですかね? と言うから、それだけは絶対によせ! ときつく言って、結局「生牡蠣せせり」にすると言ってきた。その後彼がどうなったか知らない。

 以来、広島と聞くと、「生牡蠣せせり」という名前が浮かぶもんだで困っておる。

 広島カープという名前もアメリカ人は「カープ?」と怪訝な顔になる。「カープって? 鯉か? いろいろ勇ましい名前があろうに、なぜ鯉なんだ?」となる。「鯉というのは日本じゃ滝を登る。縁起がいいんだ」と説明しても「鯉はドヨンとした淀みに居るもんだ、滝を登るわけはない。その名前は自分たちで良いと思って付けたのか?」と聞くから「だから故意だ」。

 アメリカ人にゃ分かるまい、ケッ!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  7. 7

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  8. 8

    今更札幌って…マラソン前代未聞の開催地変更案で世界の恥

  9. 9

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  10. 10

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る