松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

金メダル返還も潔いウサイン・ボルト

公開日:  更新日:

 陸上男子短距離のウサイン・ボルトが北京五輪の4×100メートルリレーでチームメートのネスタ・カーターにドーピングの陽性反応が出たことを受けて、リレーで手にした金メダルを返す準備をしているそうだ。

「彼も私も何年もかけて懸命に努力をしてきたのに胸が張り裂ける思いだが、返却しなければならない。それは当然のことだ」

 チームメートに気遣いながらも大人対応。今まで6個も金メダルを取ってるんだ。1個返すぐらいどうってことないといえばないんだろうが、殊勝な態度だ。

 実はボルトは母国ジャマイカの20%の子どもたちが義務教育を受けられるように自分の資産を原資として「ウサイン・ボルト基金」を設立して社会貢献に尽力している。ことによるとカリブ海のどっかの島に広大な別荘のひとつやふたつ持ってるかもしれん。チームメートがしでかしたこととはいえ、メダル返還を機に、別荘ぐらい母国の子どもたちのために「お返し」するかもしれん。自分が得た財産をしっかり社会に還元するようでなくちゃ真の尊敬は集まらない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る