松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

お~い栗山ぁ、大谷を見る目が引きつっとるぞ!

公開日:  更新日:

 先週、大谷がドカンドカンとホームランを打っていた夜に、民放の名物スポーツアナとしてブイブイ仕事をした同い年と久しぶりに酒を飲んだ。

「菊ちゃんは大谷にかなり入れ込んでるな」

「バッターじゃ楽しみに見ているが、ピッチャーじゃオロオロ見ているよ。ま、一番オロオロしてるのは栗山監督だろうがな」

 わははと笑って彼の言ったこと。

「大谷は投手で群を抜いてて、打者で物凄くて、背が高くて、顔が良い。ぜんぶずぬけてる。今までのプロ野球じゃ規格外だ。彼はどうも、打者は趣味だが投手は仕事だと思ってる。そこを使う側が分かってない」

 両方とも仕事だろ? と思ってきたがなるほど、おもしれえ!

 ここんところ大谷が投げる日はチーム全体が「勝つのが仕事」とガチガチになり、あれほど生き生き打っていた若手はみんな縮み上がる。中田翔はフェンスの前までは飛ばすが、打球がお辞儀をしちまう。「やべえ、仕事しなくちゃ」と三振を取りに行くと、守ってる方へはなかなか打球が飛んで来ないもんで神経ばかりすり減る。毎試合のように2ケタ三振を奪っているんだが、試合にリズムが出ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る