松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

お~い栗山ぁ、大谷を見る目が引きつっとるぞ!

公開日: 更新日:

 先週、大谷がドカンドカンとホームランを打っていた夜に、民放の名物スポーツアナとしてブイブイ仕事をした同い年と久しぶりに酒を飲んだ。

「菊ちゃんは大谷にかなり入れ込んでるな」

「バッターじゃ楽しみに見ているが、ピッチャーじゃオロオロ見ているよ。ま、一番オロオロしてるのは栗山監督だろうがな」

 わははと笑って彼の言ったこと。

「大谷は投手で群を抜いてて、打者で物凄くて、背が高くて、顔が良い。ぜんぶずぬけてる。今までのプロ野球じゃ規格外だ。彼はどうも、打者は趣味だが投手は仕事だと思ってる。そこを使う側が分かってない」

 両方とも仕事だろ? と思ってきたがなるほど、おもしれえ!

 ここんところ大谷が投げる日はチーム全体が「勝つのが仕事」とガチガチになり、あれほど生き生き打っていた若手はみんな縮み上がる。中田翔はフェンスの前までは飛ばすが、打球がお辞儀をしちまう。「やべえ、仕事しなくちゃ」と三振を取りに行くと、守ってる方へはなかなか打球が飛んで来ないもんで神経ばかりすり減る。毎試合のように2ケタ三振を奪っているんだが、試合にリズムが出ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  6. 6

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    楽天則本の7年契約にメジャースカウト仲間は肩を落とした

  9. 9

    リオでは45万個配布 東京五輪も“コンドーム戦争”が勃発か

  10. 10

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る