松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

お~い栗山ぁ、大谷を見る目が引きつっとるぞ!

公開日:  更新日:

 先週、大谷がドカンドカンとホームランを打っていた夜に、民放の名物スポーツアナとしてブイブイ仕事をした同い年と久しぶりに酒を飲んだ。

「菊ちゃんは大谷にかなり入れ込んでるな」

「バッターじゃ楽しみに見ているが、ピッチャーじゃオロオロ見ているよ。ま、一番オロオロしてるのは栗山監督だろうがな」

 わははと笑って彼の言ったこと。

「大谷は投手で群を抜いてて、打者で物凄くて、背が高くて、顔が良い。ぜんぶずぬけてる。今までのプロ野球じゃ規格外だ。彼はどうも、打者は趣味だが投手は仕事だと思ってる。そこを使う側が分かってない」

 両方とも仕事だろ? と思ってきたがなるほど、おもしれえ!

 ここんところ大谷が投げる日はチーム全体が「勝つのが仕事」とガチガチになり、あれほど生き生き打っていた若手はみんな縮み上がる。中田翔はフェンスの前までは飛ばすが、打球がお辞儀をしちまう。「やべえ、仕事しなくちゃ」と三振を取りに行くと、守ってる方へはなかなか打球が飛んで来ないもんで神経ばかりすり減る。毎試合のように2ケタ三振を奪っているんだが、試合にリズムが出ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る