松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

おいテレビ局 モハメド・アリと具志堅用高、この差はなんだ!

公開日: 更新日:

 モハメド・アリはビッグマウスだった。大口は弱さの裏返し。しかし、彼は強かった。大口を叩いて自分を鞭打ち、強さに磨きをかけた。12歳の時に父親から買ってもらった自転車を盗まれて、「盗んだやつを叩きのめしてやる」と泣き叫んだ時、街でボクシングを教えていた警官に「叩きのめす前に、喧嘩の方法を覚えることだ」と誘われてボクシングを始めた。喧嘩の方法を教えたのは少なくとも父親じゃなかったのだ。

 何かというと口を出し、息子をチャンピオンにするためなら当たるを幸い罵り、この国じゃもっとも嫌われる「子どもの喧嘩に親が出る」モンペ親父とはここが違う。

 アリは強打の世界チャンプ、ソニー・リストンをぶちのめし、ベトナムへの兵役を拒否してヘビー級タイトルを剥奪されるが、無敵のフォアマンを倒して返り咲き「キンシャサの奇跡」といわれたんだ。おい、どっかのモンペ親父は、「僅差なら奇跡ちゃうやろ」とか言いそうだが、キンシャサちゅうのは試合開催地アフリカの地名じゃ、だぁ~っとれ!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    チャリティーゴルフで社会貢献 人気絶頂女子プロの“本音”

もっと見る