松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

女子バレー、イタリア代表監督の気持ちを代弁した

公開日:  更新日:

 女子バレーのイタリア戦、ゲスト解説の川合俊一が生放送で吐き捨てた。

「まだ勝ったわけじゃない。試合は終わってないのに、会場でリオ決定やったやった騒ぐの、あれやめたほうがいいっすね!」

 ホウ……たまにゃいいことを言うんだな。見直したぜ。

 川合が指摘するまでもない。バレーボールの試合だけだと、とても視聴率は取れないんで、毎度ジャニーズのもやしみてえなガキを動員して歌い踊らせて、スポーツ中継から脱線するのは今に始まったことじゃなかろうから、オヤジとしちゃええいやかましい! とテレビを消す。

 バレーボールからたぶん相当縁遠い追っかけギャ~ギャ~中高生が、バレーボールではなくてジャニーズに群がる。いっそ「ジャニーズライブ・リオ五輪最終予選バレー付き」とすりゃよかろうに、これをバレーボール中継と言い張る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る