松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

舛添都知事はリオ五輪も往復1stクラス、高級スイート泊?

公開日:  更新日:

 セコい政治資金流用で誰が見ても一丁上がりの舛添東京都知事に、とてつもない「援軍」が現れた。

「彼が政治家になる前からの付き合いだが、五輪に関しては進めていく上で障害はまったくない。むしろよくまとめてくれている。的確に早く結論を出してくれて、仕事がしやすい」

 東京五輪・パラリンピック組織委員会会長サマが本人の横で言っちまった。

「誰が言ったの? 森?あらま~、助け舟にならねえだろ~!」

「類は友を呼ぶ」「同類相哀れむ」「同じ穴のムジナ」「盗人に追い銭」「弱り目に祟り目」

 浮かぶことわざはいろいろあるが、要するに目くそ鼻くそアッハッハ。新国立競技場の建設費2500億円もかかるのを「どこが高いのか、ボクには分からないんだよ」と言ったり、2億円の裏金を「コンサルタント料だろ」とかコイたりするジイサマが、政治資金で家族旅行から絵画の購入、自宅兼事務所の家賃、回転ずし、喫茶店代まで払ってた男を「同類だ」と言ったのだ。だ~れも驚かねえのは当たり前だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る