松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

舛添都知事はリオ五輪も往復1stクラス、高級スイート泊?

公開日: 更新日:

 セコい政治資金流用で誰が見ても一丁上がりの舛添東京都知事に、とてつもない「援軍」が現れた。

「彼が政治家になる前からの付き合いだが、五輪に関しては進めていく上で障害はまったくない。むしろよくまとめてくれている。的確に早く結論を出してくれて、仕事がしやすい」

 東京五輪・パラリンピック組織委員会会長サマが本人の横で言っちまった。

「誰が言ったの? 森?あらま~、助け舟にならねえだろ~!」

「類は友を呼ぶ」「同類相哀れむ」「同じ穴のムジナ」「盗人に追い銭」「弱り目に祟り目」

 浮かぶことわざはいろいろあるが、要するに目くそ鼻くそアッハッハ。新国立競技場の建設費2500億円もかかるのを「どこが高いのか、ボクには分からないんだよ」と言ったり、2億円の裏金を「コンサルタント料だろ」とかコイたりするジイサマが、政治資金で家族旅行から絵画の購入、自宅兼事務所の家賃、回転ずし、喫茶店代まで払ってた男を「同類だ」と言ったのだ。だ~れも驚かねえのは当たり前だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  7. 7

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  8. 8

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

もっと見る