松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

舛添都知事はリオ五輪も往復1stクラス、高級スイート泊?

公開日: 更新日:

 セコい政治資金流用で誰が見ても一丁上がりの舛添東京都知事に、とてつもない「援軍」が現れた。

「彼が政治家になる前からの付き合いだが、五輪に関しては進めていく上で障害はまったくない。むしろよくまとめてくれている。的確に早く結論を出してくれて、仕事がしやすい」

 東京五輪・パラリンピック組織委員会会長サマが本人の横で言っちまった。

「誰が言ったの? 森?あらま~、助け舟にならねえだろ~!」

「類は友を呼ぶ」「同類相哀れむ」「同じ穴のムジナ」「盗人に追い銭」「弱り目に祟り目」

 浮かぶことわざはいろいろあるが、要するに目くそ鼻くそアッハッハ。新国立競技場の建設費2500億円もかかるのを「どこが高いのか、ボクには分からないんだよ」と言ったり、2億円の裏金を「コンサルタント料だろ」とかコイたりするジイサマが、政治資金で家族旅行から絵画の購入、自宅兼事務所の家賃、回転ずし、喫茶店代まで払ってた男を「同類だ」と言ったのだ。だ~れも驚かねえのは当たり前だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  7. 7

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  8. 8

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る