• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
中山竹通
著者のコラム一覧
中山竹通

1959年12月20日、長野県出身。池田工(長野)卒業後、国鉄の下請け会社、富士通長野に勤務しながら競技生活を続け、83年に創設メンバーとしてダイエー陸上部へ。1万メートル、マラソンの日本記録を作り、88年ソウル、92年バルセロナと、五輪男子マラソンで2大会連続4位。引退後は、高校、大学、実業団の監督を務めた。

<第1回>自己表現がなければこれほど面白くない競技はない

リオ男子マラソンは佐々木16位、石川36位、北島94位に終わった(C)JMPA

 オリンピックはそこそこテレビ観戦で楽しみました。水泳、体操、卓球など面白かったし、選手の努力や工夫も伝わってきました。日の丸とか関係ないなんて言うと叱られますが、愛国心を言われても選手は困ります。国のためにスポーツをしている人はいないし、自分の国が嫌いな人もいません。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  10. 10

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

もっと見る