代打で1号のイチロー チームPO絶望で本塁打量産の予感

公開日:  更新日:

 マーリンズ・イチロー(42)がメジャー16年目にして初体験である。6日(日本時間7日)のフィリーズ戦の八回に自身初の代打本塁打。これでメジャーデビューから16年連続本塁打とした。

 オリックス時代も含めれば24年連続本塁打にベテラン外野手は「いや、それは1(本)ですからね。ちょっと恥ずかしい。(メッツの43歳右腕)コロンが1本で僕はゼロでしたから、ほっとしました」と話したが、今後は本塁打を量産する可能性もある。

 チームは首位ナショナルズと13・5ゲーム差のナ・リーグ東地区3位。ポストシーズン進出は絶望的だ。今後、イチローの起用法がどうであれ、状況に応じた打撃を求められるのは考え難い。マリナーズ時代のように自由な打撃が認められれば、今後は本塁打が増える可能性はある。

 何しろイチローは試合前のフリー打撃で柵越えを連発するなど、長打力も兼ね備えているのは有名な話。762本塁打のメジャー通算最多記録を持つバリー・ボンズ打撃コーチが「ホームランダービーの勝者になれる」と太鼓判を押すほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

もっと見る