代打で1号のイチロー チームPO絶望で本塁打量産の予感

公開日:  更新日:

 マーリンズ・イチロー(42)がメジャー16年目にして初体験である。6日(日本時間7日)のフィリーズ戦の八回に自身初の代打本塁打。これでメジャーデビューから16年連続本塁打とした。

 オリックス時代も含めれば24年連続本塁打にベテラン外野手は「いや、それは1(本)ですからね。ちょっと恥ずかしい。(メッツの43歳右腕)コロンが1本で僕はゼロでしたから、ほっとしました」と話したが、今後は本塁打を量産する可能性もある。

 チームは首位ナショナルズと13・5ゲーム差のナ・リーグ東地区3位。ポストシーズン進出は絶望的だ。今後、イチローの起用法がどうであれ、状況に応じた打撃を求められるのは考え難い。マリナーズ時代のように自由な打撃が認められれば、今後は本塁打が増える可能性はある。

 何しろイチローは試合前のフリー打撃で柵越えを連発するなど、長打力も兼ね備えているのは有名な話。762本塁打のメジャー通算最多記録を持つバリー・ボンズ打撃コーチが「ホームランダービーの勝者になれる」と太鼓判を押すほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る