• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

代打で1号のイチロー チームPO絶望で本塁打量産の予感

 マーリンズ・イチロー(42)がメジャー16年目にして初体験である。6日(日本時間7日)のフィリーズ戦の八回に自身初の代打本塁打。これでメジャーデビューから16年連続本塁打とした。

 オリックス時代も含めれば24年連続本塁打にベテラン外野手は「いや、それは1(本)ですからね。ちょっと恥ずかしい。(メッツの43歳右腕)コロンが1本で僕はゼロでしたから、ほっとしました」と話したが、今後は本塁打を量産する可能性もある。

 チームは首位ナショナルズと13・5ゲーム差のナ・リーグ東地区3位。ポストシーズン進出は絶望的だ。今後、イチローの起用法がどうであれ、状況に応じた打撃を求められるのは考え難い。マリナーズ時代のように自由な打撃が認められれば、今後は本塁打が増える可能性はある。

 何しろイチローは試合前のフリー打撃で柵越えを連発するなど、長打力も兼ね備えているのは有名な話。762本塁打のメジャー通算最多記録を持つバリー・ボンズ打撃コーチが「ホームランダービーの勝者になれる」と太鼓判を押すほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  9. 9

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る