イチローに試練 強打の外野手加入に続き若手が続々昇格

公開日:  更新日:

 マーリンズ・イチロー(42)の出場機会が再び限られそうだ。

 クリーンアップを打つスタントン(右膝)に加え、オズナ(左手首)も故障で離脱したため、ここ5試合連続スタメン出場。2戦連続安打と調子を上げてきたが、ブレーブスから強打のフランコーアが加入した8月末に続くピンチを迎えている。

 9月はロースター枠(25人)が拡大され、マイナーの若手選手が昇格する。故障者の穴埋めや実力の見極めなど球団によって事情は異なるものの、この時期は各チームとも積極的に若手を起用している。マーリンズも例外ではなく、1日にはリリーフ投手2人、捕手1人とともに3Aニューオーリンズからディスティン・フード外野手(26)を昇格させた。フードは今春のキャンプに招待選手として参加し、外野の3ポジション全てこなせる守備力をマッティングリー監督から高く評価されての抜擢だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る