• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

イチローに試練 強打の外野手加入に続き若手が続々昇格

 マーリンズ・イチロー(42)の出場機会が再び限られそうだ。

 クリーンアップを打つスタントン(右膝)に加え、オズナ(左手首)も故障で離脱したため、ここ5試合連続スタメン出場。2戦連続安打と調子を上げてきたが、ブレーブスから強打のフランコーアが加入した8月末に続くピンチを迎えている。

 9月はロースター枠(25人)が拡大され、マイナーの若手選手が昇格する。故障者の穴埋めや実力の見極めなど球団によって事情は異なるものの、この時期は各チームとも積極的に若手を起用している。マーリンズも例外ではなく、1日にはリリーフ投手2人、捕手1人とともに3Aニューオーリンズからディスティン・フード外野手(26)を昇格させた。フードは今春のキャンプに招待選手として参加し、外野の3ポジション全てこなせる守備力をマッティングリー監督から高く評価されての抜擢だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  6. 6

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  7. 7

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  8. 8

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

  9. 9

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る