イチローに試練 強打の外野手加入に続き若手が続々昇格

公開日:  更新日:

 マーリンズ・イチロー(42)の出場機会が再び限られそうだ。

 クリーンアップを打つスタントン(右膝)に加え、オズナ(左手首)も故障で離脱したため、ここ5試合連続スタメン出場。2戦連続安打と調子を上げてきたが、ブレーブスから強打のフランコーアが加入した8月末に続くピンチを迎えている。

 9月はロースター枠(25人)が拡大され、マイナーの若手選手が昇格する。故障者の穴埋めや実力の見極めなど球団によって事情は異なるものの、この時期は各チームとも積極的に若手を起用している。マーリンズも例外ではなく、1日にはリリーフ投手2人、捕手1人とともに3Aニューオーリンズからディスティン・フード外野手(26)を昇格させた。フードは今春のキャンプに招待選手として参加し、外野の3ポジション全てこなせる守備力をマッティングリー監督から高く評価されての抜擢だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

もっと見る