• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

イチローに試練 強打の外野手加入に続き若手が続々昇格

 マーリンズ・イチロー(42)の出場機会が再び限られそうだ。

 クリーンアップを打つスタントン(右膝)に加え、オズナ(左手首)も故障で離脱したため、ここ5試合連続スタメン出場。2戦連続安打と調子を上げてきたが、ブレーブスから強打のフランコーアが加入した8月末に続くピンチを迎えている。

 9月はロースター枠(25人)が拡大され、マイナーの若手選手が昇格する。故障者の穴埋めや実力の見極めなど球団によって事情は異なるものの、この時期は各チームとも積極的に若手を起用している。マーリンズも例外ではなく、1日にはリリーフ投手2人、捕手1人とともに3Aニューオーリンズからディスティン・フード外野手(26)を昇格させた。フードは今春のキャンプに招待選手として参加し、外野の3ポジション全てこなせる守備力をマッティングリー監督から高く評価されての抜擢だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る