日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「最低でも50歳までは」 イチローの“年齢の壁”どこまで?

 マーリンズ・イチロー(42)の大台到達は次戦以降に持ち越しとなった。31日(日本時間1日)のカージナルス戦は代打で出場。一飛に倒れてメジャー通算3000安打までは2のままで変わらなかった。

 そのイチローの口が絶好調だ。

 米スポーツ専門局「ESPN」のインタビューに答えて、「最低でも50歳まではプレーし続けたい」「感覚は(シーズン262本の安打記録をつくった)04年と変わらない」「毎日プレーすれば200(安打)も打てると思っている」などと話しているのだ。

 ここまで、89試合に出場して打率.323、9盗塁、12打点。マーリンズにはイチローを譲渡して欲しいというトレードの申し込みが殺到しているらしい。

 メジャーには年齢の壁が存在する。特に野手は35歳を境に評価がガクンと落ちる。仮にイチローが来季以降も今季同様の成績を維持したとすれば、本人の希望通り、50歳までプレーできるのか。アメリカ野球愛好会副代表の鈴村裕輔氏はこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事