今季フル稼働のマー君も油断禁物 ヤ軍若手投手が次々活躍

公開日:  更新日:

 ヤンキースに新鋭が続出している。

 7日(日本時間8日)のブルージェイズ戦は今季初先発の右腕ブライアン・ミッチェル(25)が5回4安打無失点でメジャー初勝利。前日にはメキシコ出身のルーキー右腕ルイス・セッサ(24)が六回途中まで6安打2失点。白星は付かなかったが、これで先発としては4戦負けなしだ。若手右腕による連日の好投もあってチームはア・リーグ東地区4位ながら、首位レッドソックスに4.5ゲーム差と迫った(7日終了時)。

 ミッチェルは09年のドラフト16巡目指名。14年にメジャーデビューを果たし、飛躍が期待されながら膝や足首など度重なる故障にも悩まされ、メジャーに定着できなかった。今季は3Aで2試合(計9イニング)に先発して防御率1・00。膝の故障が完治したため、9月4日に昇格した。

 一方のセッサは06年にメッツに入団し、タイガースを経て15年に複数トレードでヤンキースに移籍した。今春のキャンプは招待選手として参加。開幕ロースターを勝ち取り、デビュー戦となった4月8日のタイガース戦で2回無失点と好投しながら、若手左腕と入れ替わりで3Aに降格した。今季は3Aで14試合に先発し6勝3敗、防御率3・03。150キロ台半ばの直球に加え、マイナーではスライダーとカーブの精度を上げて投球の幅を広げたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る