• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今季フル稼働のマー君も油断禁物 ヤ軍若手投手が次々活躍

 ヤンキースに新鋭が続出している。

 7日(日本時間8日)のブルージェイズ戦は今季初先発の右腕ブライアン・ミッチェル(25)が5回4安打無失点でメジャー初勝利。前日にはメキシコ出身のルーキー右腕ルイス・セッサ(24)が六回途中まで6安打2失点。白星は付かなかったが、これで先発としては4戦負けなしだ。若手右腕による連日の好投もあってチームはア・リーグ東地区4位ながら、首位レッドソックスに4.5ゲーム差と迫った(7日終了時)。

 ミッチェルは09年のドラフト16巡目指名。14年にメジャーデビューを果たし、飛躍が期待されながら膝や足首など度重なる故障にも悩まされ、メジャーに定着できなかった。今季は3Aで2試合(計9イニング)に先発して防御率1・00。膝の故障が完治したため、9月4日に昇格した。

 一方のセッサは06年にメッツに入団し、タイガースを経て15年に複数トレードでヤンキースに移籍した。今春のキャンプは招待選手として参加。開幕ロースターを勝ち取り、デビュー戦となった4月8日のタイガース戦で2回無失点と好投しながら、若手左腕と入れ替わりで3Aに降格した。今季は3Aで14試合に先発し6勝3敗、防御率3・03。150キロ台半ばの直球に加え、マイナーではスライダーとカーブの精度を上げて投球の幅を広げたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  5. 5

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  6. 6

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  7. 7

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

  8. 8

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    あやまんJAPANめんそ~れ愛菜 脱退後“社長転身”で年収30倍

もっと見る