日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

涙の自己最低9位…浅田真央に気がかりな「限界」の2文字

「自信がすべて失われた……」

 声を震わせて大粒の涙を流したのは浅田真央(26)。日本時間13日、グランプリ(GP)シリーズ「フランス杯」のフリーが行われ、真央は自己ワーストとなる9位に終わった。ショートプログラムで8位と出遅れると、フリーでも3回転ジャンプをことごとく失敗。シニアデビュー後の試合では10年「NHK杯」の8位を下回り、世界ランクは18位にまで落ちた。

 演技後、うつろな表情で「滑りもジャンプも全てがしっくりはまっていない感じがした。自信がつくまでやるだけ。自分を信じてやるしかない」と言葉を絞り出した。

 今季は左膝に不安を抱え、代名詞のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を“封印”。3週間前の「スケート・アメリカ」でも得意技を回避して6位に終わり、5年ぶりにGPシリーズで表彰台に立つことができなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事