ビジネス優先? 出場停止中のシャラポワが“副業”せっせ

公開日:  更新日:

 ドーピング違反で出場停止処分を受けた女子テニスのスター選手が実業家への本格的な転身に意欲を見せた。

 マリア・シャラポワ(29)が18日(日本時間19日)、マサチューセッツ州ボストンで行われたビジネスに関する会合にゲストとして参加。すでに商品化している自身の名前を冠したお菓子の販売拡大など、今後のビジネス戦略を明かした。

 すでに、出場停止の処分が解ける来年5月の全仏オープンに向けてトレーニングを再開。練習と並行して、現在も在籍する名門ハーバード大学のビジネススクールの講義を受けるそうで「テニスとビジネスを両立させたい」と話した。

 史上10人目の生涯グランドスラムを達成した元女王も来年4月には30歳を迎える。選手としては下り坂に差し掛かるだけに、ラケットを置くのは早いかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る