WS制覇カブスに移籍 上原「投手の墓場」で世界一の可能性

公開日: 更新日:

 レッドソックスからFAになっていた上原浩治(41)が、移籍先に選んだのは今季のワールドシリーズを制したカブスだった。

 年俸約7億円の1年契約。より高額なオファーもあったそうだが、上原がこだわったのは勝てるチームという点だった。

「カブスは十分にワールドシリーズ2連覇を狙える布陣です」と、スポーツライターの友成那智氏がこう言った。

「抑えの左腕・チャップマンがヤンキースに移籍したが、昨季のワールドシリーズに勝ったロイヤルズのストッパー・デービスをトレードで補強した。デービスにつなぐ左打者用のセットアッパーとして、今季左バッターを.139と封じた上原に白羽の矢が立ったのでしょう。先発はレスター、アリエッタ、ヘンドリックスと絶対的な3本柱がいて守備も堅いうえ、ここは出塁率の高い野手が揃っています。おまけに攻守ともスキがないチームを率いる指揮官が、名将のマドン監督ですからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

もっと見る