日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

WS制覇カブスに移籍 上原「投手の墓場」で世界一の可能性

 レッドソックスからFAになっていた上原浩治(41)が、移籍先に選んだのは今季のワールドシリーズを制したカブスだった。

 年俸約7億円の1年契約。より高額なオファーもあったそうだが、上原がこだわったのは勝てるチームという点だった。

「カブスは十分にワールドシリーズ2連覇を狙える布陣です」と、スポーツライターの友成那智氏がこう言った。

「抑えの左腕・チャップマンがヤンキースに移籍したが、昨季のワールドシリーズに勝ったロイヤルズのストッパー・デービスをトレードで補強した。デービスにつなぐ左打者用のセットアッパーとして、今季左バッターを.139と封じた上原に白羽の矢が立ったのでしょう。先発はレスター、アリエッタ、ヘンドリックスと絶対的な3本柱がいて守備も堅いうえ、ここは出塁率の高い野手が揃っています。おまけに攻守ともスキがないチームを率いる指揮官が、名将のマドン監督ですからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事