チヤホヤ過保護のツケが…阪神藤浪は年俸ダウン必至

公開日: 更新日:

 阪神の藤浪(22)はプロ4年目の今季、広島戦で161球の懲罰投球を課せられるなど、7勝11敗と不調に終わった。年俸1.7億円からのダウンは避けられないだろう。

「そもそも去年が上がり過ぎ」と見るムキもある。新人年から3年連続2ケタ勝利(計35勝)となる14勝を挙げ、年俸8500万円からの倍増でサインしたわけだが、1.7億円といえば入団4年目の選手としては球団史上最高額。大谷(日本ハム=2億円)、ダルビッシュ(日本ハム=2億円)、摂津(ソフトバンク=1.9億円)、田中(楽天=1.8億円)に次ぐ歴代5位タイ(同額でマイケル中村=日本ハム)の給料である。入団3年で45勝の松坂(西武=1.4億円)、35勝を挙げた菅野(巨人=1.3億円)よりも高く、野手を含めればあの松井(巨人=1.6億円)、イチローオリックス=同)さえも上回るのだ。

 大阪桐蔭時代に春夏連覇を達成した甲子園のスターであり、人気、注目度が高い選手であるとはいえ、大谷、ダルビッシュらは、4年目の時点でチームの軸として働き、実力も日本球界のトップクラスだった。片や藤浪は阪神のエース候補止まり。いい投球をしたかと思ったら、次の試合で制球を乱して打ち込まれるなど、安定感に欠ける。同期の大谷に水をあけられる一方だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  9. 9

    ファイザー供給減に自治体大混乱 接種加速から急ブレーキ

  10. 10

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

もっと見る