日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

金満ソフトBもヤキモキ…“ムネリン復帰問題”の季節到来

 世界展開を繰り広げているソフトバンク。去る6日には孫正義社長がトランプ次期大統領と会談し、米企業に500億ドル(約5兆7000億円)の投資の約束を取り付けたばかりだ。

 しかし世の中、お金ではどうにもならないこともある。それがカブスの川崎宗則(35)だ。

 米国残留か国内復帰か。この時期に川崎が悩むのは恒例行事と化しており、今オフも「これまでは日本と米国、50%、50%だったけど、今は100%ずつ」という“川崎節”。年齢が年齢だけに、例年以上に迷っていると言いたいのだろう。

 古巣のソフトバンクにすれば、川崎に戻ってきてほしい。人気はもちろん、実力的にもまだまだ老け込む年齢じゃない。遊撃の今宮は成長著しいが、二塁の本多はケガがちで安定感に欠ける。すぐに出てこられそうな若手もおらず、川崎が復帰すれば穴は1つ埋まる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事