金満ソフトBもヤキモキ…“ムネリン復帰問題”の季節到来

公開日:

 世界展開を繰り広げているソフトバンク。去る6日には孫正義社長がトランプ次期大統領と会談し、米企業に500億ドル(約5兆7000億円)の投資の約束を取り付けたばかりだ。

 しかし世の中、お金ではどうにもならないこともある。それがカブスの川崎宗則(35)だ。

 米国残留か国内復帰か。この時期に川崎が悩むのは恒例行事と化しており、今オフも「これまでは日本と米国、50%、50%だったけど、今は100%ずつ」という“川崎節”。年齢が年齢だけに、例年以上に迷っていると言いたいのだろう。

 古巣のソフトバンクにすれば、川崎に戻ってきてほしい。人気はもちろん、実力的にもまだまだ老け込む年齢じゃない。遊撃の今宮は成長著しいが、二塁の本多はケガがちで安定感に欠ける。すぐに出てこられそうな若手もおらず、川崎が復帰すれば穴は1つ埋まる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る