金満ソフトBもヤキモキ…“ムネリン復帰問題”の季節到来

公開日: 更新日:

 世界展開を繰り広げているソフトバンク。去る6日には孫正義社長がトランプ次期大統領と会談し、米企業に500億ドル(約5兆7000億円)の投資の約束を取り付けたばかりだ。

 しかし世の中、お金ではどうにもならないこともある。それがカブスの川崎宗則(35)だ。

 米国残留か国内復帰か。この時期に川崎が悩むのは恒例行事と化しており、今オフも「これまでは日本と米国、50%、50%だったけど、今は100%ずつ」という“川崎節”。年齢が年齢だけに、例年以上に迷っていると言いたいのだろう。

 古巣のソフトバンクにすれば、川崎に戻ってきてほしい。人気はもちろん、実力的にもまだまだ老け込む年齢じゃない。遊撃の今宮は成長著しいが、二塁の本多はケガがちで安定感に欠ける。すぐに出てこられそうな若手もおらず、川崎が復帰すれば穴は1つ埋まる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  3. 3

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  6. 6

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  9. 9

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る