阪神が密かに狙う“右の大砲”李大浩 福留一塁拒否で現実味

公開日:

 金本監督の腹ひとつだ。

 阪神は昨年、在籍3年で65本塁打、260打点のゴメスが退団。メジャー通算7本塁打のエリック・キャンベル(29=メッツ3A)を獲得した。

 金本監督はこの新助っ人を「4番・三塁」で起用するという。一塁には右翼から福留をコンバートさせるプランを持っていた。しかし、福留本人がこれを拒否。現時点では未定だが、そこであの大砲取りが再考されているとの声がある。あの大砲とは、日本球界4年間で98本塁打を放った、元マリナーズの李大浩(イ・デホ=34)だ。

 ある球界関係者が言う。

「阪神は昨季後、マリナーズからFAになった李と獲得交渉を行った。その際、李側の条件を受け入れることができず獲得に至らなかったようです。その条件とは一塁でのフルシーズン起用と聞いた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  4. 4

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  7. 7

    北方領土問題には触れず 日ロ首脳会談はやはり“中身ゼロ”

  8. 8

    問題山積でも突き進む…外国人労働者受け入れに専門家警鐘

  9. 9

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  10. 10

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

もっと見る