阪神が密かに狙う“右の大砲”李大浩 福留一塁拒否で現実味

公開日:

 金本監督の腹ひとつだ。

 阪神は昨年、在籍3年で65本塁打、260打点のゴメスが退団。メジャー通算7本塁打のエリック・キャンベル(29=メッツ3A)を獲得した。

 金本監督はこの新助っ人を「4番・三塁」で起用するという。一塁には右翼から福留をコンバートさせるプランを持っていた。しかし、福留本人がこれを拒否。現時点では未定だが、そこであの大砲取りが再考されているとの声がある。あの大砲とは、日本球界4年間で98本塁打を放った、元マリナーズの李大浩(イ・デホ=34)だ。

 ある球界関係者が言う。

「阪神は昨季後、マリナーズからFAになった李と獲得交渉を行った。その際、李側の条件を受け入れることができず獲得に至らなかったようです。その条件とは一塁でのフルシーズン起用と聞いた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る