ポッカリ空いたままの一塁 阪神に“鳥谷コンバート”プラン

公開日: 更新日:

 アッと驚く出来事が起こるかもしれない。

 金本監督が就任2年目を迎える阪神。オフにはFAで糸井、助っ人は内野手のキャンベル(メッツ)らを獲得したが、懸案事項は解消されたわけではない。糸井は中堅、キャンベルは三塁を務める方針の一方で、ゴメスが退団した一塁がポッカリ空いたまま。その手当てができていないのだ。

 今後は一塁の助っ人補強、捕手原口のコンバート、三塁守備に不安があるキャンベルの一塁起用といった選択肢が浮上するだろうが、阪神OBは、「状況次第で鳥谷を一塁にコンバートするのも手かもしれない」と言う。

 鳥谷は昨季の不調により、若手の北條に遊撃のポジションを奪われる格好になった。鳥谷は今季、遊撃で再勝負をかけるつもりでいるが、北條を高く評価し、若手育成を推進したい金本監督は、最初こそ競争させても、最終的には北條を優先的に起用するとみられている。前出のOBが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  2. 2

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  3. 3

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  4. 4

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

  5. 5

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

  6. 6

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  7. 7

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  8. 8

    即戦力推進も…オスカープロモーションは新たな試練の時期

  9. 9

    NHK「まんぷく」でまた脚光 東風万智子に“再改名”のススメ

  10. 10

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

もっと見る