• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

主力に固執 マリナーズFA李大浩“出戻り”しか選択肢なし

 米国か、アジアか――。

 マリナーズからFAとなった李大浩(34)。来季について韓国の地元メディアは、「韓国と日本球界も選択肢にある」と報じた。

 しかし、李は今季104試合に出場し、292打席で14本塁打、49打点、打率.253。左腕相手がほとんどで、シーズン中盤以降は成績が下降した。さらにメジャーでは、「野手は35歳から急激に力が落ちる」との定説もある。メジャー残留の可能性は限りなくゼロに近いのではないか。

 米球界に詳しいスポーツライターの友成那智氏はこう話す。

「確かに年齢はネックになりますが、292打席で14本塁打。フルに働けば、年間30本は打てる計算です。35歳でもこれだけホームランを打てれば、興味を持つ球団は多いでしょう。しかも、マリナーズの本拠地であるセーフコフィールドは通称『右打者の地獄』。左翼から右翼方向に強い風が吹くため、李も苦しめられていた。それであの成績ですからね。今季はアダム・リンドと一塁で併用されていたが、守備は李の方がうまい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る