主力に固執 マリナーズFA李大浩“出戻り”しか選択肢なし

公開日: 更新日:

 米国か、アジアか――。

 マリナーズからFAとなった李大浩(34)。来季について韓国の地元メディアは、「韓国と日本球界も選択肢にある」と報じた。

 しかし、李は今季104試合に出場し、292打席で14本塁打、49打点、打率.253。左腕相手がほとんどで、シーズン中盤以降は成績が下降した。さらにメジャーでは、「野手は35歳から急激に力が落ちる」との定説もある。メジャー残留の可能性は限りなくゼロに近いのではないか。

 米球界に詳しいスポーツライターの友成那智氏はこう話す。

「確かに年齢はネックになりますが、292打席で14本塁打。フルに働けば、年間30本は打てる計算です。35歳でもこれだけホームランを打てれば、興味を持つ球団は多いでしょう。しかも、マリナーズの本拠地であるセーフコフィールドは通称『右打者の地獄』。左翼から右翼方向に強い風が吹くため、李も苦しめられていた。それであの成績ですからね。今季はアダム・リンドと一塁で併用されていたが、守備は李の方がうまい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る