また2回目飛べず 葛西の低迷は平昌五輪前の“死んだフリ”

公開日: 更新日:

 ノルディックスキーのW杯ジャンプ個人第15戦(ビリンゲン=ドイツ)で葛西紀明(44)は37位に終わった。2回目の飛行に進めなかったのは今季5度目。ジャンプ界のレジェンドも年齢からくる衰えを囁かれているが、周囲はまったく心配していないという。

 どの選手も、今は来年の平昌五輪のメダルが目標だ。葛西の頭にあるのも五輪だけ。2月(11、12日)の札幌大会は地元開催なので、さすがに惨敗はできないだろうが、よくてもベスト10入りで終わり、その2週間後に行われる世界選手権(フィンランド)も本気を出すかは疑問だ。

 理由はジャンプスーツ。トップ選手たちの飛距離はスーツで決まるといっても過言ではない。そのため、スーツの通気量や生地の厚みなどは細かく規定が決まっている。日本選手のスーツは欧州勢に比べて生地は悪いものの、カッティングと縫製技術は世界一。飛行中に首の後ろから入る風(空気)を背中や尻の部分にうまくためて揚力が増し距離が出る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「栄冠は君に輝く」熱唱 久志モデル伊藤久男の数奇な人生

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  4. 4

    広瀬すず「嫌いな女優」2位 松田聖子バッシングとの酷似点

  5. 5

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    末期がんで逝った父・三郎 唐沢寿明が演じたモデルと晩年

  9. 8

    金子ノブアキ演じた藤田嗣治とオペラ歌手・三浦環を結ぶ線

  10. 9

    しらじらしい決別 元産経記者ら応援団も安倍と共に去れ

  11. 10

    小池都知事の無策が招く第2波襲来 専門家に懸念も他人事

もっと見る