• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

また2回目飛べず 葛西の低迷は平昌五輪前の“死んだフリ”

 ノルディックスキーのW杯ジャンプ個人第15戦(ビリンゲン=ドイツ)で葛西紀明(44)は37位に終わった。2回目の飛行に進めなかったのは今季5度目。ジャンプ界のレジェンドも年齢からくる衰えを囁かれているが、周囲はまったく心配していないという。

 どの選手も、今は来年の平昌五輪のメダルが目標だ。葛西の頭にあるのも五輪だけ。2月(11、12日)の札幌大会は地元開催なので、さすがに惨敗はできないだろうが、よくてもベスト10入りで終わり、その2週間後に行われる世界選手権(フィンランド)も本気を出すかは疑問だ。

 理由はジャンプスーツ。トップ選手たちの飛距離はスーツで決まるといっても過言ではない。そのため、スーツの通気量や生地の厚みなどは細かく規定が決まっている。日本選手のスーツは欧州勢に比べて生地は悪いものの、カッティングと縫製技術は世界一。飛行中に首の後ろから入る風(空気)を背中や尻の部分にうまくためて揚力が増し距離が出る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  7. 7

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  8. 8

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

  9. 9

    改元は来年…残るオウム受刑者は「恩赦」の対象になるのか

  10. 10

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

もっと見る